金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

優しい中に、、、(rewrite)

ご主人様は優しいです

 

基本的には優しくて、nonが

「イヤ」

と拒むとそれ以上の強要はしないのが、nonのご主人様です

 

でも、命令されると逆らえない性格のnon、、、

 

そして「奴隷誓約書」の中には

 

「ご主人様のご命令には否定語は使いません」

と、お誓いしています、、、

 

以前は

 

「パンツ見せて」

 

の要求にも

 

「無理です」

 

と逃げていましたが、誓約書を結んでからは、、、

 

「あれ?

否定語は使わないんじゃなかったっけ?笑」

 

と、お返事をいただきます

 

 

言葉は優しいけれど、絡み付くような、、、

 

蛇に睨まれたカエルの心境にさせられてしまうnonです

 

逃げる余地は与えて下さっているけれど、逃げられない、、、

 

この見えない何かにnonは縛られています

 

それは胸をギューッと締め付けられるような不思議な感覚です

 

胸と同時にnonの下半身にも電気が走るような快感が湧いてきます

 

ご主人様のご命令でnonは濡れてしまうのです

 

恥ずかしいけど心地よい、この感覚がnonを虜にします

 

(2016*10*04)