金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ONとOFFと奴隷

ご主人様とnonの間で、何度も出てくる話題に
「nonのONとOFF」があります

この時は、nonの恋愛活動がなんだか盛り上がっていて、、、
二人からアプローチを受けていました

でも、男性側の盛り上がりに反して、nonの気持ちは盛り上がらずに、どうしたらいいのか、分からなくなっていました

nonからのボヤきに近いつぶやきLINEに、飲み会の途中でご主人様は返信の時間を下さいました



「でも、自分でも何がしたいのか、分からなくなってきました」
「笑」


「貴方に解雇されないように頑張ろうと思う反面、貴方から離れた場所で恋愛をしたいと思う自分がいて」


「あら」

「ONとOFFの切り替えを早く上手にしたいです」
「離れたいのね」

「ご主人様から?」
「そう」


「離れたくない」


「貴女から離れた場所で恋愛したいと思う自分がいてって、言ってるから」
「だって、ご主人様が全てになるような人はイヤなんですよね⁉」

「いい奴隷になります」
「いい奴隷になってくれたら嬉しいね」

「はい、奴隷でいいからお側に置いてほしいです」


「じゃあ、アソコ開いた写真見ようかなw」
「💦💦」


「もう、濡れてます」
「ちょっと待ってて下さい」


「濡れてるならオナ動画でもいいよ」


「見られてると思うと声が出るから動画は許して下さい💦💦」


「今日はしないで寝ようと思っていたのに、、、」
「あれ?開いてないじゃん」


「奴隷は毎日やっていいんですよw」


ダメ出しされて、また撮り直しました、、、💦💦


「こうですか?」
「そうそう、いいね」


「全裸というとこがまたいい」

「喜んでいただけたなら嬉しい
でも、自分ではイケないから、、、」


「見られてると思ってイケるようになってほしいねー」

「次に会ったら、指も入れて下さい
いっぱいいっぱい入れて下さい」


「もっと調教して、イケって言ったらイケるようになって下さい」


「めちゃくちゃにされたい」


「離れていても、イケるように、、、
そうなりたいです」
「だね」
「飲み会の邪魔してごめんなさい」



酔ってるご主人様からは厳しい命令をされることがあるので、nonから早目に切り上げました



「ONは仕事」
社会人の「私」です
1日の大半を占めています


「OFFはプライベート」
普段の「私」で過ごす時間です
友達に会っていたり、家族に見せる「私」


で、今はもうひとつ「奴隷」のnonがいます
この時間が一番短いけれど、たぶん、本当のnonです

ご主人様に逢うまでは、認めたくなくて、なりたくてもなれなかったnon自身です


ブログを書いている時は「奴隷のnon」です

昨日も今日も仕事をしてる私(まだ仕事中😱)を解放する時間を持てていることは、私にとって救いです


休憩は終わりにして、今からお客様のお宅で幸せなご夫婦に書類いただきに行ってきます



やる気スイッチON