金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

自慢したい

その日は昼間、ちょっとメールしていて、話したいことがお互いにあったので、

「寝る前に連絡します」

と、宣言してましたが、、、

いろいろあって連絡出来ませんでした、、、

 

 

「おはようございます

夕べは、友達から電話あって、いろいろ悩んでいて、無下にも出来ずに話を聞いたりしてました、、、

私なんて、たいした悩みもなく幸せだなーと思いました」

 

「友達は悩みがあるのね」

「うん

ご主人様の事は人には話せないけど、でもご主人様がいるって、本当に心が落ち着きます

友達はいろいろ悩んでいて、ひたすら聞いてました

最近会ってないけど、元気?

と、聞かれ、私、ご主人様とエッチなやり取りしてるとか、言えんわーと思いました、、、笑」

 

「笑」

「楽しいことは何一つなく、仕事しかしてないと、強調する私、、、笑

本当は、楽しくて嬉しいことがいっぱいあるよ!

と皆に自慢したい      笑

 

起きます」

 

 

 

目が覚めて、ご主人様に返信して、タイミングが合えば、少しだけメールが出来ます

仕事の日はほんの3分くらいの時間ですが、そんな時、

「これって、なんか、すごく幸せ」

って、満たされます

 

朝から、厳しい命令や、すごくエッチな雰囲気に誘導されて、悶々とした気分で1日がスタートする日もありますが、、、

それはそれで、ドMのnonにとっては充実したスタートなんです、、、笑

 

 

ご主人様のことを誰かに話したい

と、思いつつも、あまりにも違いすぎるご主人様と私の日常生活

お金の価値観も違う部分があります

時間の使い方も、、、

 

ありのままに、リアルの友達に話すのは憚られて、

「言いたいけど、言えない」

状態です、、、

 

「私のご主人様はこーなんよ!」

と、普通に話せたらどんなに楽しいでしょう

でも、話せない、、、笑

 

 

だから、ここにぶつけてるんですよね、、、

明日から夏期休暇です

書き残しておきたいことがいっぱいあります

ガシガシ書き込みしそうです、、、笑

 

 

 

ご主人様は閉店ガラガラ

今日、ご主人様は日帰り出張でした

nonは自宅待機だったのに、台風はとっとと通過してしまい、午前中には待機が解除されました

午後からは通常業務でした

 

ご主人様、どうしてるかな~?と思って、ちょっとメールしてみました

 

「お疲れさまです

疲れて寝てますか?

無事に帰ってこれましたか?」

「帰れました」

 

「おかえりなさい」

「日帰りはしんどい」

 

「お疲れさまでした🙇」

「もう寝るとこでした」

 

「ごめんなさい

寝てください」

「そちらは大丈夫でしたか?」

 

「はい、ぜーんぜんでした

休みのつもりが、出勤と言われたから、なんか損した感じでした

でも、明日が終われば、八連休💖」

「ちょい休みが早いのね

普通(金)からだよね

8連休楽しんで下さい」

 

「はい

そう言えば、去年の夏期休暇に初めて写真を送らされた、、、笑」

「そうだっけ?」

 

「たぶん、、、笑」

「凄い記憶力」

 

「胸の写真も、、、」

 

「そっか

とりあえずおやすみなさい

起きてられない」

「はい、ごめんなさい

おやすみなさい」

 

 

え、いきなり終了??

そして取り残された奴隷が一人、、、😭

いつもマイペースなご主人様

もうちょっと、一年前の話をしたかったのに、、、

イヤイヤ、そんなこと言ったらバチが当たります

眠いのに、ちょっとだけでも付き合って下さったんやから、感謝しなきゃですよね、、、?

 

 

去年の夏期休暇中に急接近したご主人様とnon

 

「凄い記憶力」

と、ご主人様は驚いていましたが、nonにとっては、初めてのことだらけで、すごくドキドキしたのを覚えています

何度も何度も写真を送るように言われて、

「イヤです」

と、拒むことも出来たのに、(実際には言葉では拒んでいたけど、、、笑)逆らうことが出来なくて、、、

いつの間にか言われるままに、、、

求められるままに、、、

一枚一枚脱がされていきました、、、

 

今日は疲れて、閉店ガラガラのご主人様ですが、夏期休暇中はnonの相手をしたくなるように、何かしら工夫したいと思います

 

目指せ!

ご主人様の睡魔に勝てるような魅力的な奴隷!

とりあえず、今日からスクワット!

 

 

たぶん、しません

 

おやすみなさい

二人だけの「主従関係」③

✏続きです

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

その日の深夜、寝る前にご主人様に報告してました

 

「しました

すごく濡れてました

気持ちよかった

今日は嬉しくて、ドキドキしました

毎日、不安でいつ連絡がなくなるんだろう、、、と、常に怯えていましたから、、、

嬉しかったです

ありがとうございました

まだまだ未熟な奴隷ですが、これからも宜しくお願い致します🙇

ご主人様、大好きです

おやすみなさい」

 

既読にならないまま、3分後にまたメールしてました、、、笑

 

「ご主人様の奴隷にしていただいて、私はラッキーでした

感謝しています

ありがとうございます

おやすみなさい」

 

どんだけ嬉しいんだか、、、笑

だって、本当に嬉しかったんです、、、笑

ニコニコしながら眠りにつきました

 

 

翌朝、「6:38」にご主人様から返信がありました

 

「おやすみなさい

おはようございます」

「おはようございます」

 

「よくよく読み返すと

嬉しかった⇨オナニー

って流れがおかしいだろ!と突っ込みたくなったw」

「嬉しかった

しました 

は、別々、、、笑」

 

 

心が満たされているからなのか、、、?

いつもより愛液が溢れていて、ご主人様を近くに感じながら自分で感じる場所を探しながら、喘いでしまいました

ご主人様にご奉仕させていただいている場面を思い出しながら、乳首を弄りながらアソコに指を入れて悶えてしまいました、、、😳

 

 

今まで通り、逢えるのは数ヵ月に一度というペースは変わらないと思います

今まで通り、思いつきで厳しい命令を時々出されて、遠隔操作をされるのです

その度に、ご主人様の性奴隷はおもちゃのように扱われて、更にアソコをイヤらしく濡らしてしまうのです、、、

羞恥にまみれながら、調教されることに幸せを感じるのだと思います

 

 

最初はなんとなく流されるように始まった「ご主人様」と「奴隷のnon」の「主従関係」ですが、一年前とは少しずつ、少しずつですが、変化しています

不安になる度に、反省したり、ご主人様に助けていただきながら、段々non自身が強くなってきたような気がします

少しずつ認めて下さってるような気もします

 

最初の頃よりも奴隷としては、成長したかな~?

ご主人様に聞きたいけど、聞けませんが、、、笑

 

ご主人様とnonの「主従関係」はただの性癖だけの繋がりではないと思いたいです

これからも、ご主人様を最優先に想う奴隷でいたいです

ご主人様に逢いたいです

 

 

✏こんなことを書いていたこともありました

 

non46.hatenablog.com

 

自宅待機

台風接近に伴い、nonの会社は明日は

「自宅待機」

になりました

🙌

仕事とお天気は気になるけど、、、

 

嬉しい😆

 

 

台風の被害がこれ以上出ないことを願いながら、、、

 

おやすみなさい

二人だけの「主従関係」②

✏続きです

non46.hatenablog.com

 

 

*ただのノロケ話です

non以外の人は読んでも面白くもなんともない日記です

 

 

 

その人(Uさん)との関係性や、これまで私とUさんの間にあったエピソードもご主人様には話しています

(どこまで覚えてるのかは疑問ですが、、、笑)

私の片想いで終わったことも話しています

 

 

ご主人様からすると、なぜ、わざわざ私に電話をかけてくるのかが分からないみたいです

う~ん、実際のところ、Uさんから電話がかかってくる本当の理由は私にも分かりません

でも私達は仕事では距離が近かったし、本気のケンカもいっぱいしたし、仲もすごく良かったし、プライベートなこともさらけ出しあっていました

お互いに「同志」と思っています

(たぶん、、、少なくとも私は、、、)

 

 

 

「Uさんには『主従関係』の『ご主人様』とは言ってないけど、時々逢う男性がいることだけは前にも話してますよ」

「へー

なんて言ってた?」

 

「『県外の彼氏とは会ってんのか?』とは聞かれました

『彼氏じゃないけど、、、』

と思いつつ、

『お互い忙しいから5月から会ってないよ』と話しました」

「ふむ」

 

「『セフレか?』と毎回聞かれるので」

「ヒドイ質問だなw」

 

「『そんな感じかもしれません』と、いつも濁してます」

「認めとんかい!

そこはもっとこう、、、」

 

「え?

私はご主人様にとっての『セフレ』じゃないですよね?」

「違いますよ」

 

「良かった」

「そこはもっと、褒め称えてくれよw」

 

「ご主人様って?」

「奴隷って」

「笑」

 

「いかに素敵な人かを自慢ですよw

まーそれはいいとしてセフレと説明されとるとはねぇ〜w」

「私からは言ってないですよ!

ただ、あえて否定してないだけです」

 

「そこは否定じゃないんかいw」

「だって、

『ご主人様です』

とも言えないし

『彼氏です』

とも言えないし、、、」

 

「そこは『素敵な人です』くらいの返しで、、、」

「はい」

 

「世間的には『彼氏』じゃないんかね」

「そうなの?」

 

 

(???)

 

(、、、ん?)

 

(、、、意味がよく分かりませんが、、、?💦💦)

 

 

「そうなの?」

「違うけど、世間じゃそうでしょ

わざわざ『奴隷です』ってはならんし

僕にとっては『奴隷は彼女より上』なんですけどね〜」

 

「そうなの?」

「表現が難しいが、、、

人間以下的な扱いってとこは最下層なんだけど、、、

必要という部分では最重要という」

 

「さっき『違うけど』と言われて落ち込んだけど、なんとなく喜んでいいんですよね、、、」

「僕にとっては『彼女』じゃなくて『奴隷』だから『違うけど』って意味ね」

 

「はい

ご主人様に必要とされてると思っていていいんですよね?」

「そう」

 

「はい

 すごく嬉しいです」

「世間的には『彼女』でいいと思う」

 

 

(え??そうなの?????)

 

 

「はい」

「そう聞かれれば『うん』という

でも『君に彼女なの?』

って聞かれると

『え?奴隷ですけど!』

ってなる」

 

「はい」

「この回答が一番しっくりくるな」

 

「じゃあ、人に聞かれたら

『彼氏いる』

って言ってもいいってことですか?」

「どうぞ」

 

「はい、

私は自分が奴隷って自覚しています」

「そこ重要w」

 

「はい、分かっています

彼女じゃないのは分かっています

ありがとうございます

すごく嬉しいです

ご主人様、大好きです」

「次回はあの人に自慢しとく様に!笑」

「はい! 笑」

 

 

 

?????

 

そうなの?

 

この時は嬉しすぎて、事態がよく飲み込めていなくて、、、

 

「そうなの?」

を連発するアホ奴隷でした💦💦笑

 

何度も何度も読み返して分かったことは

『ご主人様にとっては奴隷は彼女より上で、

扱いは最下層だけど、

必要という部分では最重要で、

世間的に見ると、それは彼女ということで、

 

その立場にいるのは奴隷のnon』

 

ということみたいです、、、😳

 

 

そうだったんだ、、、

 

ご主人様とnonの関係は今までと何一つ変わっていませんが、nonの何かが変わりました

うまく言えませんが

「大好きって言ってもいいんだ、、、」

「回りから見ると、ご主人様の彼女なんだ、、、」

「彼氏いますって言ってもいいんだ、、、」

「ご主人様にとっては最重要で、必要とされてるんや、、、」

、、、とか、、、

いろいろ考えてしまいました

 

 

ご主人様に逢いたい

 

が溢れてきて、大変でした   笑 

 

 

嬉しいけれど、浮かれることなく

「ご主人様のお気に入り」

と言っていただけるようにこれからも努力します

 

 

 

 

✏現実味がないままに嬉しくてアップした記事

non46.hatenablog.com

 

non46.hatenablog.com

 

二人だけの「主従関係」①

予定のない週末、ご主人様と思いがけずに長時間、メールをしました

私と部下とのLINEのやり取りで私が

「部下からのメールは内容によってはすぐに返信しない時もあります」

って話したら、、、

 

 

「そう言うの俺は苦手

気になってしゃーない

通知入ってたらソッコー見てしまう」

「私のは見ないのに、、、」

 

「気づいたら見てますよ

気づかないだけです」

「私のはいつも既読無視だし、、、

質問しても答えてくれないし、、、」

 

「それは気づいてソッコー見て

ふむふむと思って、わーって盛り上がり、

質問された事を忘れてしまうという非常によくあるパターン

基本答えますよ」

「私は奴隷だから仕方ない、、、

と、いつも自分に言い聞かせてます」

 

「質問なんでしょうか?」

 

「いつも傷付いています

いつも泣いてます」

「それは失礼いたしました」

 

「放置されて、さみしくなります」

「してるつもりは無いんだけどなー」

 

「でも、今のままでいいです

優しくなくても、それが、私のご主人様だから」

「なんと!健気」

 

「今のままのご主人様が大好きです」

「優しいけど、、、おれ」

 

「はい、すごく優しいです

冷たい時も優しく感じる」

「子猫が捨てられてたら拾うタイプです」

「笑

はい」

 

 

まだまだ続きましたが、、、

 

 

ご主人様からすると、nonが今まで悩んで気にしていたことは、小さいことなんです

ぜーんぜん、気にもしてないし、悪気もないんです

いつも、分かっているんです

ご主人様は

「そういう人」

で、それが

「nonのご主人様」

なのです

 

自分では納得しているし、ここに関しては期待する立場ではないことも分かっているつもりなので、不満はありませんが、ご主人様がいつになくnonに寄り添ってくださってるような気がしたので、つい甘えてしまいちょっとだけ愚痴ってしまいました、、、

ご主人様はnonの気持ちを初めて知ったかのような感じで一つ一つに返して下さいました

こんな感じ初めてで少し戸惑ってしまいました

 

 

 

そして、この後、ご主人様から意外な話題が出てきて驚きました

 

この日の二日前にご主人様に出逢う前に好きだった人から電話がありました

ここには何度か書いている男性のことです

電話があった夜、3時間近く話したことをご主人様には報告していました

 

 

「ところでふと思い出したけど、あの人と長電話」

「はい?」

 

「お悩み相談くるんか?」

と聞いてこられました

 

彼とは三時間近く話したものの、結局用件は何だったのかよく分からず、、、

仕事で悩んでいたのかも、よくわからなかったけど、ずっと他愛のない話をしたことを説明しました、、、

nonの中では特に掘り下げたい話題でもなく、忘れかけていたことなのにご主人様からこの話題が出たことに驚きでした

「気にしてくださってるのかな、、、?」

と、ちょっとだけ嬉しかった反面、素直に喜んで打ちのめされることもあるので、

「喜んだらダメ、、、

ご主人様の仰りたいことは何だろう?」

と、油断できない空気に少しだけ緊張しました

入れたままで、、、

※写真あります

 

 

 

 

7月の下旬、締め切りも無事に終わり、仕事の面ではやることはキチンとやって、一息ついた平日の夕方のことです

ずっと気になっていた命令、、、

実行するにはすごく勇気のいる宿題に取り組むことにしました

 

✏出された宿題の中身がショック過ぎて、なかなか実行できずにいました、、、

non46.hatenablog.com

 

non46.hatenablog.com

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

「お疲れさまです

今日も死ぬほど、暑いです💦💦

今から、前に出されてた宿題します」

 

出されていた命令は、、、

『じゃあ命令

ディルド入れたまま薬局で○○を買ってきましょう』

 

 

とてもとても恥ずかしかった

「はじめてのおつかい」

のお話です

 

 

この○○を買いに行く行為のハードルが高くて、なかなか実行する気になれませんでした

「ディルドを入れたまま外を歩く」

というのも、怖くて、、、

歩けるのか不安で、、、💦💦

 

 

「コンビニのトイレで入れましたが、、、」

「変態奴隷の出来上がりですなw」

 

✏コンビニのトイレで、、、

f:id:non46:20170805215728j:image

この時にはもうディルドが入っています、、、

 

 

「ディルドが長すぎて運転席に座ると痛くて、奥まで入りすぎて、汗が、、、

ダメです、、、

運転出来ない、、、」

「なんと、、、、

じゃあノーパンで許してあげよう

痛くて運転できないって言うから、、、

まーできるならいいけど」

 

「今日のスーツ白だし、、、💦💦」

「関係あるの?」

 

「いや、ノーパンでしみがついたらイヤだな、、、と、、、

痛いけど、やろうかな、、、と、、、

でも、普通に座るとあたって痛い、苦しい、、、」

「しみ??どんだけ濡らすんだよ!  笑笑

薬局のトイレで入れればいい」

「耐えられずに、信号待ちで、ブランケットかけて抜きました、、、笑」

 

 

ディルドが(nonにとっては)長すぎて入れたまま普通に座るのは無理でした💦💦

痛くて、感じるより違和感で事故りそうでした💦💦

本当に耐えられなくて、信号待ちの間にブランケットをかけて、抜いてしまいました💦💦

並んだ隣の車から覗かれるんじゃないかと、ドキドキでした💦💦

「平常心、平常心」

と呟きながら、車を発進させました

 

「ドラッグストアに着いたから、再度、入れてきます」

 

ハンカチに包んだディルドを持って、ドラッグストアのトイレに入り、再度ディルドをnonの中に挿し込みました、、、

ディルドはグショグショに濡れた奴隷のアソコにすんなり入りました

ドキドキが止まらなくて、歩きにくくて、、、

歩く度に、ディルドの刺激がアソコに響いて、、、

お財布を取りに一度車に戻り、ご主人様に報告しました

 

「濡れてました」

「だろうね

いつでもびしょ濡れの変態だからね」

 

ご主人様からの返信を確認してから、決心して、車から出ました

ご主人様からの命令は

「ディルドを入れたまま、○○を買ってくる」

です、、、

○○なんて、今まで買ったことないし、、、💦💦

恥ずかし過ぎます、、、

売り場が分からず、店内を隈無く回ってやっと見つけたものの、種類がいくつかあり、、、

しかも陳列棚は足元に近い場所でした💦💦

誰かにスカートの中を見られるんじゃないかと、ハラハラしながら吟味しました、、、

スカートの中は不自然に下着のクロッチ部分が盛り上がっています

スリルで背中を汗が流れるのが分かりました

しゃがんで商品を手に取り選ぶ間に、奴隷のアソコがますます濡れていくのを感じました

「濡れてる、、、」

と思うと、焦りも加わり更に感じてしまいました

 

いくつかある中から一つの商品を選びました

でもこれだけを買うのは、恥ずかしくて絶対にイヤでした

ついでに、前にご主人様が言ってた

「柄が透明の歯ブラシ」

も買いました

女性用品やお菓子も適当にかごに放り込んで、女性のレジの列に並びました、、、

それなのに、、、💦💦

 

買った物を車に置いてから、ハンカチと携帯を持って、トイレに行き、ディルドを抜き取りました、、、

車に乗り込んだ時には、汗だくでした

やっと終わったことをご主人様に報告しました

 

「終わりました、、、💦💦

グッタリです、、、 

ナプキンとかと一緒に女性のレジに並んだのに、隣の男性レジにカゴ運んでくれてレジはおじさんでした、、、

恥ずかしかったです、、、💦💦」

 

このメールと一緒にトイレで、ディルドを抜き取る動画も一緒に贈りました

こんな恥ずかしいことを本当に実行したことを証明したくて、ドラッグストアのトイレで撮影しました

白いスーツのスカートを片手で捲り上げ、ストッキングと下着を下ろし、ゆっくりとディルドを引き抜く奴隷の下半身だけが映っています

引き抜いたディルドが愛液で光っているのが分かるように撮し、カリの部分についた愛液を人差し指につけて、糸を引かせました

ご主人様に見ていただけると思うとまだ濡れていくのが分かりました

 

「いっぱい白くなってました、、、💦💦

トイレでキチンと舐めてキレイにしました、、、」

 

「今から帰社してから、6時半から来社あるんですけど、、、

早く、帰りたいです、、、」

「舐めて綺麗にするあたり変態でよろしい

よく頑張りましたw」

 

「はい、ありがとうございます

すごく緊張しました」

「変態ってバレたかなw」

 

「わからない、、、

顔、上げれませんでした、、、」

「相手もプロだからポーカーフェイスかニヤニヤしてたか、、」

 

「『Tカードお持ちですか?』って二回も聞かれてしまいました、、、

挙動不審だったかも、、、💦💦」

「笑笑

余計バレるな

そう言うの」

 

「帰社します」

「お疲れ様でした」

「はい」

 

 

 

後で考えると、この日、ご主人様は帰国されたばかりでした

疲れていたかも、、、

リアルタイムでやり取りが出来たのは、空港からの移動中だったのかもしれません

その時はご主人様の状況を想像する心の余裕がありませんでした、、、

 

こうしてご主人様の奴隷の

「はじめてのおつかい」

は無事に終わりました

少しずついろんなことを調教される日々です

 

でも、今読み返しても、この日の動画の感想は一言もありませんでした、、、😢

 

 

✏この日の下着はコレでした

non46.hatenablog.com

 

 

✏題名を変えました

一番最初に公開した時は

「はじめてのおつかい」

でしたが、、、、

よく考えると、まぎらわしいし、検索にかかると困るので、、、笑

 

のんびりした土曜日

この数日、

「飼われてる」

感覚に溺れています

離れてるけど、心を縛られることが心地よくて、ずっと濡らされています

 

底無し沼に堕ちていくかんじ、、、

「ダメ」

って思いながら、沈んでいきます

 

仕事もきちんとしてるし社会的に「ダメ」なわけではなく、私の今までの理性の壁を壊されることへの

「ダメ」

です、、、

 

ますますご主人様から離れることが出来ない身体にされています

朝から写真や動画を撮って、一方的に贈っています、、、笑

迷惑、、、💦💦笑

 

ご主人様は今日はお仕事かな~?

時々nonのことを気にして下さってるみたいです

「最終接続時間」

は、確実に更新されています

短い一言だけど、いただく感想が嬉しくて

「次はどんなところをお見せしたら喜んでいただけるかな?」

と、思ってしまいます

 

 

なんか曇ってきたので、雨が降る前にお出掛けしてきます

奴隷はキチンと服を着て(笑)、ニトリに行ってきまーす🙋

「ご主人様の初めてがしたい」

この日は朝からずっとメールが出来ました

いろんな話をたくさんしました

その中でnonからご主人様にお願いをしました

 

「ご主人様の初めてがしたい」

「なるほど」

「何かないですか?

ご主人様の初めてになりたいんです」

 

 

ご主人様はしばらく考えて、、、

提案して下さったことは、、、

ここには書けないけど、nonがいつもイヤがることのエスカレートした内容でした、、、

 

「え、、、

なんだか怖い、、、

えーーー

イヤです、、、

無理です

無理です💦💦」

「命令です

「、、、

😭😭😭

許して下さい

イヤです」

 

イヤがるnonに、こんな風にしなさいと指示するご主人様、、、

 

「イヤです」

「契約書読み直しだな」

「イヤです

無理です

それは辛すぎます」

「普通見られたくないとこを見るというのは

Sとしての優越感に浸れる」

「 、、、、、、、、、」

「理想の奴隷ってなんだろな〜

って考えてたけど、なかなか難しい」

「はい

ご主人様の理想の奴隷に、なりたいです」

「もちろん契約書にある事をこなす奴隷であるには違いないけど、俺だけっていうのが好きなんだと思う」

「逆らいたくないし、服従したいけど、、、、」

「なので、これは難しいのだけど

普段はSで近寄りがたい人が

自分には従順な奴隷と言うのが理想なのかもしれんな〜

と考えていた

命令はどんな事でもこなすのは絶対条件ですよw」

「、、、、、、、、、」

「理想は?と聞かれるとね」

「出来るかな、、、

出来るように頑張りたいです」

「どこのぶぶん?」

「見られながらの、、、」

「そっちね

まだ命令の方か、、、

理想の奴隷は遠いのぉ〜w」

「○○も、します」

「命令あれば貸し出しもオッケーでしょ?」

「え?」

「前言ってなかったっけ?

大丈夫って

これはクリアしてると思ってたわ」

「、、、💦💦

ご主人様の命令なら、従います」

「だよね

まず命令は最低限」

「悲しい気持ちになりそうだけど、、、

でも、それでご主人様に喜んでいただけるなら、、、やります」

「次にどういう欲求があるか

最後に他の人に対してはどうか?

ここら辺で理想になるのかな」

「他の人に対して?」

「喜ばれる為にはなんでもやるというのは良い奴隷

さっきの話ね

他に対してはドSって話」

 

「会社でも友達にも、私はいつもSですよ   笑」

「ほんとかよー

なんかいじられキャラのような気がしてw

出会い系でもSが寄ってくるし

ああ言うのでM男が寄ってくるようになったら認めよう」

 「リアルの知り合いがご主人様の前での私を見ても信じないと思います」

「ほう

それはなかなかよいね」

いじられキャラだけど、それ以上に、友達をいじってますから!   笑」

「一度、君の地元でリアルの友人と飲むのもアリかもな」

「えーーー💦💦」

「Sが見れるからw

僕は人見知りなので鬼のように静かにしてますよ

酔っ払うまでは、、、、、w」

「お客様にもMは匂わせないのに、不思議なんですよね、、、

私が挙動不審になるから、リアルの友達には会わせない

笑」

「www」

「昨日の飲み会でも「お前、毒舌すぎっ」「だまっとけ!」と、何度も言われました

笑」

「ほう」

「いじって、盛り上げないと!って思うんですよね、、、」

「盛り上げキャラなのね」

「幼馴染みといると、ピエロみたいですよ」

「なんじゃそりゃ」

「会社では、怖いけどね」

 

 

ご主人様の前とリアルな知り合いとの前では、「別人かよ!?」ってなぐらい、別の人です

ご主人様の前だと、急に自分が無力でちっぽけだと感じさせられてしまいます

 

自分がこんな性格だと悟られないようにずっと頑張ってきたのに、ご主人様の前では、さらけだせるんですよね、、、

今までのお付き合いした男性には「好かれる」のが当たり前だったのに、ご主人様に「好かれる」のは当たり前ではないのです、、、

いつ飽きられてしまうのかビクビクしています

ご主人様が望むなら「貸し出し」もされてもかまいません

それで、ご主人様に喜んでいただけるなら、、、

誰かに抱かれる奴隷を見て、ご主人様に欲情していただけるなら、、、

 

結局、ご主人様にとっての「初めて」を何にするかは決まっていません

ただ、nonにとっての「初めて」は、いろいろあって、それを少しずつ調教して下さるそうです

、、、💦💦怖いよ~😱

 

 

ご主人は非情

昨日からご主人様はドSの塊です

ドSパワー全開です

 

nonは追い詰められています

 

離れてるのに、ますますご主人様に夢中にさせられています

ドMな奴隷はおもちゃのようにいたぶられています

アソコはずっと疼いて、

「ご主人様の所有物」

を全身で感じさせられています

 

ご主人様が怖いです、、、