読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

今週のお題「自己紹介」(rewrite)

non ブログ

今週のお題「自己紹介」


nonです

本名も住んでるとこも、年齢も仕事も、、、
言えないことだらけのドMの
「変態奴隷」のnonです、、、笑


大学卒業後、何となく大手メーカーに就職し、転職や離婚、、、💦💦
いろんな事がありながら、、、

昨年から「ご主人様」の「奴隷」として飼われています
金銭の授受はないし、不倫でもありません

「主従関係」で結ばれた
「ご主人様」の「奴隷」です

「奴隷」として「ご主人様」のことが大好きです

このブログには誰にも言えない自分の正直な気持ちを綴っています
「ご主人様」に言いたくても言えないことや、聞きたいけど聞けないことや、モヤモヤも書いてます

リアルな知り合いにこのブログの存在がバレたら夜逃げする覚悟は出来てます、、、笑

「ご主人様」にこのブログがバレて「止めなさい」と言われたら、すぐに止めます
ある日を境に更新が止まったら「バレたんや、、、」と思って下さい💦💦笑

ある日を境に、いきなり非公開になってたら、はてなの運営側に非公開にされたと思って下さい💦💦笑


仕事も忙しく大変ですが、好きな仕事で「天職」だと、周囲には評価をいただいています
仕事のストレスを「奴隷」になることで解消しているのかもしれません
もともと「M」だと思っていましたが、普段は立場上「S」の仮面を被っているので、本当に疲れています
ご主人様の前では頑張らなくていいので、安らげます
ご主人様といると、満たされます


自己満足120%のブログです
一番の読者はnon自身です
はてな村の片隅で毎日、常連さんだけに見守られながら、ひっそりと、自分の書きたいことを自由に書き続けたいと思っています
最近は検索が増えて、PVが300越える日もあり、マジでビビってます💦💦笑(小心者です)
以前、読者が増えて(いや、あんまり考えずに書きすぎてました)通報されて非公開にされちゃいました、、、😢
表現にも気を付けるようになりました
夜中に書いて、アップして、翌朝見て焦って訂正、、、なんてこと、よくやらかしてます💦💦笑

見守って下さい


この「主従関係」を解消する時にブログを卒業します
それまで、読者の皆様、宜しくお願い致します🙇

(2017*04*15)

力が入りません

エッチ

二人でいる時、ご主人様はトランクスを履いてたり、ガウンを着てたりしてますが、nonはずっと正装です

正装でご主人様にひっついてウトウトしていると、不思議とアソコはずっと濡れています

 

 

ご主人様に逢っている時は何度も何度もエッチが始まります

6:4くらいの割合でnonの方から始めてしまいますけど、、、笑

 

何度目かのエッチの最中、nonは本当にクタクタで身体に力が入らないくらい疲れていました

でも、この時のご主人様はまだいってなくて、、、

長い間、nonは解放していただけませんでした、、、

 

アソコにはディルドが入ったままでベッドに仁王立ちになってるご主人様にフェラをするように促されました

正座をしてご主人様にご奉仕していましたが、本当に身体に力が入らなくて、、、

座っているのがやっとでした

 

でも、口には大きくなったご主人様が入っていて、頭を後ろから抑えられているような状態でご奉仕していました

 

時々、ご主人様はnonの頭をぐっとご自分のお腹に押し当てて、nonが

「ウグッ」

となるのを楽しんでいるようでした

体力消耗して目を開ける事が出来なくて、ただただ口を、喉の奥までご主人様に犯され続けました、、、

 

身体に力が入らなくて、最後どうなったのか、これを書きながら思い出そうとしていますが、思い出せません、、、

最後、どんな風に解放されたのか覚えていません

 

でも、ディルドを入れたままのご奉仕に感じていたことだけは覚えています

足、こっち

エッチ

「足、こっち」

 

ベッドに寝転んで携帯をいじっていたご主人様にご奉仕している時に言われました

 

「ん?こう?」

 

おそるおそる、フェラしながらご主人様に足を向けてまたがりました

 

所謂、69です、、、💦💦

 

えー💦💦

恥ずかしい💦💦

 

たぶんご主人様とは初めてのこと、、、💦💦

恥ずかしくて足を閉じたくてもご主人様の身体があるから閉じられず、、、💦💦

 

「見えてるよ」

ヒクヒクしてるよ」

 

 

「、、、いや、、、💦💦」

恥ずかしくて、思わず体勢を変えようとしました

 

「フェラ」

 

と静かに言われてしまいました

 

 

 

腰をおさえられてしばらく視姦されました

ご主人様の様子が見えないので、それがよけいに恥ずかしすぎて、、、

 

この状況から現実逃避したくて、、、

 

一生懸命ご奉仕に集中しました

上がったり下がったり

ご主人様 二人の時間 ひとりごと

この前逢った日は小雨でした

 

nonが空港からご主人様の会社の近くまで移動して、最初に待ち合わせたのは地下街でした

近づいてきたご主人様はマスクをしてました

「風邪ですか?」

「花粉症」

「そうなんや、、、」

 

nonの周りも花粉症の人は多くて、皆大変そうです💦💦

中には鼻水がひどくて鼻セレブを抱えて、外回りに行く部下もいます

 

マスクをしてると表情が見えないから、nonは不満でしたが、、、

 

 

地下街を歩きながら、地元の話をいっぱいして下さいました

ご主人様の住んでる都市は地下街が整備されていて

「僕らは地底人なんだよ」

と、笑って話して下さいました

 

夏の暑い時期も、寒い時期も、花粉の時期も、地下を歩くそうです

地元民はどの出口が地上のどこに近いか知ってるそうです  笑

完全に車社会のnonには新鮮でした

 

お昼ご飯の為に地上に出た途端にご主人様はくしゃみを連発しました

「大変💦💦」

と、心から同情しました、、、、💦💦

 

お店に入ると、すぐにマスクを取って、nonに笑顔で

「何食べる?」

と、いつものご主人様でした

 

食べ方を教わりながら、とても美味しくいただきました

 

ご飯を食べながら仕事の話を沢山して下さいました

ご主人様のお仕事の話は本当に興味深くて話していて、刺激を受けます

 

 

二日前に、昼間にnonが水筒のパッキンがうまくはまってないのを気付かずに飲んで、スカートと車のシートがお茶まみれになった写メをご主人様に送りました

もちろん、バックの中もずぶ濡れで、自分のどんくさいのが本当に笑えて、、、

 

会社では出来る女風に振る舞ってるので、誰にも言えないので、ご主人様にLINEしたんです

返信は期待してませんでしたが、思いがけず返信をいただいて、ちょっとだけLINEしました

 

その時にご主人様がご自分の仕事のことを教えて下さって、、、

nonが知っているご主人様って、本当に氷山の一角なんだな、、、と思いました

ご主人様の知らなかったことを知れるのは、本当に嬉しくて!

 

ちょっとしたことで、上がったり下がったり、奴隷の毎日はご主人様次第です

 

 

酔ってます

ひとりごと

今日は会議からの夕方は懇親会でした

 

ほろ酔いで一次会で抜けて、電車を一駅だけ手前で降りて、一人で桜並木の土手沿いを歩いて帰ってきました

 

今日は昼間に車内は暑いくらいでした

午後からの会議では、何度も記憶喪失になりました💦💦笑

 

今はちょっとだけ酔ってます

 

 新年度も頑張ろ!

私! 笑

 

眠いです

お風呂入って寝ます

 

おやすみなさい

 

おやすみなさい(rewrite)

自分で、、、

ご主人様のことを思いながら、自分で触ってしまいます

パジャマの上から感じやすい先とその周囲をクルクルと触るか触らないかの強さで撫でていきます

次第にプクッと立ってきて感度が上がります

 

パジャマの中に手を入れて、触ると濡れています

ご主人様がnonにするみたいに、優しくなでながら、時々ギューッとつまんだり、押したり、、、

ますます濡れてきて、濡れてることが、女として嬉しくて、、、、

 

ご主人様に見てもらいたくなります

 

そうして、今夜も

「しました😳

おやすみなさい」

と、LINEを送って携帯を枕元におきます

 

 

おやすみなさい

 

(2017*4*12)

誰のもの?

アナル エッチ

✏この続きです

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

ご主人様はnonをバックから犯しながら、

また、質問してきました、、、💦💦

 

「今、どこにいれてもらってるの?」

「、、、」

 

「どこ?」

「、、、アナル、、、です」

 

「ここは誰の専用なの?」

「ご主人様です」

 

「この口とアナルは誰のもの?」

「ご主人様のです」

 

「ご主人様の専用なんでしょ?」

「はい」

 

「他の人に使われたら、もう使ってあげないからね」

「イヤです」

 

「ご主人様以外にはつかいません」

 

 

後ろから犯されるのは、苦しくて、、、

枕に顔を埋めて、おかしくなるんじゃないかと思うぐらい感じながら、ご主人様の質問に答えました

こんな風に言葉でも責められることで、いつも以上に感じているし、手を縛られて背後から犯されながら、ご主人様はnonの感じるところにも手を伸ばしてきます

 

乳首を潰されるように時々力を込められると、耐えられなくなります

その度にnonのアナルもアソコもご主人様を締め付けるらしく、ご主人様は

「力抜いて」

とか

「気持ちいいの?」

と時々聞いてこられます

「うん、、、うん、、、」

と声にならない声で喘ぎながら首を縦にふるので精一杯でした

 

愛液をつけた指で感じやすい周囲をクルクルとなでられながら触られたり、濡れた指で乳首に塗られながら、ご主人様の責めは続きました

 

濡れた部分を弄ばれ、呼吸が早くなり、やっと、やっと、ご主人様の質問に答えました

 

nonがご主人様を裏切って他の誰かにご奉仕するなんて、有り得ないのにわざわざ聞いてくるご主人様はドSだと思います

Mのnonの性質を分かっていて、追い詰めてきます、、、

 

ますますご主人様に心も身体も征服されていくのが分かります

 

落ち着いた時には目隠しのタオルはどっかにいってましたが、全然気が付いていませんでした 

 

 

✏奴隷になった最初の頃に「奴隷誓約書」に書きました

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

まみれてます

ひとりごと

、、、

 

してないし、、、

 

「お花見してきたんですか?」

 

今日もお客様に聞かれました、、、

 

してないし、、、💦💦

 


f:id:non46:20170411214030j:image

nonの駐車スペースです

 

今日も愛車は花びらまみれです

もう十分ヤバイよ

二人の時間

夢のような2日間が終わって、空港に向かうバスの中でご主人様にLINEをしました

 

「ありがとうございました

夢のような2日間でした」

「こちらこそ

○○を満喫していただけたら光栄です」

 

「はい

お腹いっぱいになりました  笑

私が「して、して」って言うから引いてました?💦💦」

「引くというか、自分の性欲を越えたんでビビらされましたw」

 

「エッチも指も気持ち良すぎて、、、笑」

「なかなかイカないからなのかなぁ

今までの経験だと普通ぐったりなんだけどwww

まさかの僕がぐったりさせられるとは、、、笑」

 

「いってましたよ!」

「なら単なる性欲モンスターということだな 笑」

 

「でも、ホテルの最後の指が一番だったかも、、、」

「マジか、、、」

 

「中にはゆっくり入れてもらうのが気持ち良かった」

「指に負けるとは、、、」

 

「フェラしながら、ご主人様の足の上にまたがるのがあんなに気持ちいいっていうのは発見でした、、、」

「足にも負けるとは、、、w」

 

「いや、ご主人様も気持ち良かったんですよ!

それぞれ、違った気持ち良さがありました」

「まー、めちゃ濡れてたからね」

 

「はい、濡れてました😳

足の上で感じるのは自分でも、なんかヤバいと思いました、、、

でも、気持ち良かった、、、」

「もう十分ヤバイよ」

 

「笑

フェラしながら、勝手に盛り上がってました、、、笑

嫌いにならないで下さい」

「気を付けて帰って下さい」

 

「ありがとうございました

はい、帰ります✨」

 

 

 

ご主人様はお仕事モードになりました

そこから一週間、ご主人様は今もお仕事モードのままです

お仕事モードになるとLINEも素っ気ないし、連絡するのが申し訳なくなります

よって、現在は軽く放置されている奴隷のnonです

 

ご主人様に知り逢うまでは、しばらくエッチから遠ざかっていたし、何より今のような主従関係は初めてです

今までの恋愛関係とは何もかもが違っていて、それが毎回新鮮なのです

 

そして、自分が「M」だと自覚させられながらのセックスや、会話はnonをますます「ドM」に向かわせるのです

 

ご主人様と出逢えたのは本当に偶然で、、、

その糸が切れずにもうすぐ10ヶ月になろうとしています

nonは本当に運がいいと思います

 

 

ご主人様に出逢ってから今のnonに変わっていったのに

「性欲モンスター」って酷いなぁ、、、笑

でも、ご主人様が仰るように

「もう十分ヤバイ」

と、自分でも思います、、、笑

 

お願い

エッチ アナル

✏逢えないときに妄想してました、、、😳

non46.hatenablog.com

 

 

 

「手を縛って目隠しでしてほしい」

 

 

何度目かのエッチの途中で、nonからご主人様にお願いしました

 

ご主人様は洗面所に行って、タオルを持ってベッドに帰って来られました

 

ご主人様はグッタリして動けないnonにタオルで目隠しをして、nonの手を背中のほうで組ませようとしました

 

「頭の上がいい」

 

と言って、自分から頭の上で手首を縛りやすいように、両手を合わせました

 

タオルで目隠しをされ、頭の上で手首を固定されました

 

ご主人様はnonをベッドに寝かせて、アソコが濡れているかを確かめて

「濡れてる」

と耳元で囁きました

その声に感じてnonが首をすくめると、耳から首筋や鎖骨までを舐めながら、キスして下さいました

 

感じやすい乳首の周辺を弄られて身体をよじりながら逃げていました

そんなnonをご主人様は引き寄せて、乱暴にうつ伏せにすると、一度nonから離れて黒いポーチをベッドサイドに持ってこられたみたいです

 

ご主人様からプレゼントされた黒いポーチの中には、アナルプラグ、アナル用のローション、ディルド、ローターが入っています

ご主人様と離れている間はこのグッズ達がnonのご主人様代わりです

ディルドオナニーの様子は動画でもご主人様に報告しています

ディルドには何度もいかされています、、、😳

 

ポーチの中のローションにご主人様が手をかけたのがわかりました

ローションの入ったミニボトルのふたを閉める時の

「パチッ」

という音が聞こえました

 

nonが逃げないように腰の辺りをご主人様はがっちり足で捕まえています

これから始まるアナル調教は何度やっていただいても慣れなくて、最初はいつも緊張でドキドキします

 

ただ以前と違っているのは、恐怖心は薄れてきたし、何より

「ご主人様にこれから犯される」

ことが嬉しくて、ローションを塗りやすいように自分から膝をついて、おしりを高くあげていました

 

ローションのひんやりとした感触が、ますますnonを感じさせるのでした