金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

元気にな~れ

今日、ご主人様から

「仕事の山は越えた」

と、連絡を頂きました

 

良かった

安心しました

まだしばらくはお忙しいみたいですが、とりあえず、一安心です

 

本当にお疲れさまでした

 

近くにいれば、飛んでいってご奉仕出来るのに、、、

代わりに今日は動画を撮ります

ご主人様の奴隷の様子を見ていただきます

 

ご主人様が元気になりますように

「時間にルーズな人ですか?」

✏この続きです

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

レストランの予約は8時と分かっていたのに、ギリギリに部屋に戻ってしまいました

スパでゆっくりしすぎたのです

宿泊していた棟とスパのある棟は離れていて、バスで移動することも逆算していれば、もっと余裕があったのに、、、

自分の詰めの甘さを悔やみました

 

ご主人様が一番嫌いな人は

「遅刻する人」

と、知り合った頃から言われていたのに、、、

ご主人様は基本的に「30分前行動」、「一時間前行動」を心掛ける方です

だから相手にとっては、1分の遅刻でも

「俺は31分待ってることになる」

と、最初の頃に例え話をされました

それを知っていたので、時間は守らなければ!といつも思っていたのに、破ってしまいました

 

部屋に帰って髪を乾かして、メイクを直して、ご主人様に

「遅くなって、ごめんなさい」

と言う頃には8時を過ぎていました、、、

 

「いいよ」

と言いながら明らかに表情が固いご主人様

目が全然笑っていません

nonに対してガッカリしているのが伝わってきました

 

部屋を出て、エレベーターへの廊下を歩いている時に

 

「時間にルーズな人ですか?」

 

と聞かれて、更に落ち込みました

 

「本当にごめんなさい」

と謝りました

食事の間も何度も謝るnonに

「もう怒ってないよ」

と言って下さいましたが、

「もう次はないかもしれない、、、」

と、覚悟しました

 

 

 

 

以前ご主人様は

「ケンカをしない」

と言っていました

「ケンカにならない」

とも、、、

「僕は怒らない

怒っても何も変わらないから」

 

その時に

「怒らないということは、ミスしたら、もう次がない、、、

見切られてしまう、、、」

と、怖くなったのを覚えています

ご主人様は素晴らしく頭が良く、静かに物事を熟考するタイプです

典型的なB型女のnonとは全く違います

 

 

こんな事ばかりが頭の中で渦巻いて、食事の間も全然楽しくなくて、、、

でも、それをご主人様に悟られないように、振る舞いましたが、不自然だったと思います

全部、自分が悪いのです、、、

 

泣きたい気分でした

 

どう振る舞うのが正解なのかが分からなくて、気分はどんどん沈んでいきました

 

レストランを出て、部屋に向かうエレベーターの中で

「本当にごめんなさい

もう二度と遅刻しません」

と言うと

「もう、怒ってないよ」

と言って下さったので、ご主人様の言葉を信じることにしました

 

食事も終わり、やっと二人きりになれたけど、ソファーに座って、携帯ゲームばかりして、奴隷を無視しているご主人様にどうお仕えしたら良いか分からなくて、オロオロするしか出来ない奴隷でした

 

 

 

✏この後のお話はコチラ

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

✏時間配分を間違えて飛行機に乗り遅れそうになったお話

non46.hatenablog.com

 

お預け

一日目、ドライブしながら、ホテルにやっと到着したのは5時を過ぎていました

夕食はイタリアンレストランを8時に予約して下さっていました

 

スイートに入って、やっと二人になれたのが嬉しくて、ルームキーをテーブルに置いたご主人様に正面から抱きついて、nonの方からご主人様にキスをせがみました

立ったままで、最初はついばむようにご主人様の唇や耳たぶを甘噛みしていました

ご主人様はnonの腰に手を回して、nonにされるがままに受け入れて下さっていました

ご主人様の顔を覗き込みながら、耳たぶや首筋にもいっぱいキスをさせていただきました

その間、ご主人様はnonを観察しているように冷静でした

ご主人様からアクションを起こして下さらないので、思いきってnonの方からご主人様のシャツのボタンに指をかけた時、、、

 

両腕を掴まれて、ご主人様から身体を離されました

 

「え?」

 

この展開が飲み込めずにキョトンとしていると

 

「暑かったから先にスパに行こう

汗でベタベタしてるから、これを流したい

 

と、サラッと言われてしまいました

 

 

で、nonにクルリと背を向けて、テキパキとスパに行く準備を始めたご主人様、、、

不完全燃焼で頭の中は


「えー、なんで?なんで?」


という思いがグルグルしていましたが


「、、、はい」


と頷いて、nonもお風呂の準備をしました

完全にお預け状態の奴隷です

 



「もう少しだけ、くっついていたかった、、、」

 

と思いながら敷地内を巡回するバスに乗り、本館にあるスパに向かいました

時間は決めず、部屋で待ち合わせることにして、ご主人様とお別れしました

 

 

女性用のスパは広々としていて、non以外のユーザーは数名しかいませんでした

会員制のホテルで、併設されたゴルフクラブのユーザーが平日は多いそうです

non以外はリタイヤされた年配の女性が数名でした

 

サウナに行ったり、ジャグジーに入ったりしながら、湯船の中でこれまでの一日を振り返り、考えていました

 

 

 

「ママー」

 

急にかわいい男の子の声がして、若いママと2才くらいの男の子が入ってきました

その男の子は裸のママの周りを

「おっぱい🎵おっぱい🎵」

と片手を上げながら、楽しそうにはしゃいでいました

ショートカットのママは

「おっぱいはお風呂から出てからね」

と、男の子に優しく微笑みました

 

 


「どっかで見た光景、、、」

 

 

 


 

壁にかかった時計を見ると、既に7時半でした

 

慌てて、湯船から出て、超特急で部屋に帰った時には7時50分を過ぎていました

「お待たせしました」

と言いながら部屋に入った時点で、ご主人様は明らかに不機嫌な表情をされていました

 

ご主人様の奴隷は、ご主人様が一番嫌いな

「時間泥棒」

をしてしまいました、、、

 

 

時間が経つと、、、

ご主人様にあきれられて、微妙な空気のままお別れして、自宅まで車を運転しながらいろんな事を考えました

 

不完全燃焼です

 

こんなに、いやらしい心と身体にされてしまったのに、ご主人様は自分が満足したら奴隷は用無しなのです、、、

 

nonはご主人様の何?

 

、、、ただの奴隷で、ただの性処理道具です、、、

 

性奴隷だから仕方ありません

それが、奴隷のnonの存在価値です

 

 

 

 

↑          ↑          ↑

 

ご主人様とお別れした夜、寝る前に殴り書き?殴り打ちして下書きに放り込んでいました

 

 

時間が経つと、反省だけが出てきます

お別れする直前一時間の奴隷の行動はダメ過ぎて、、、

振り返ると自己嫌悪の嵐です😢

自分がダメ過ぎて、恥ずかしくて、ご主人様が呆れるのも無理はないと今は思いますが、あの夜は、ご主人様への不満が募っていて、最悪な態度の奴隷でした

 

 

ご主人様はnonと別れた夜から激務に突入しました

一緒にいる間に簡単に話して下さいましたが、平均的な会社員のnonには想像もつかない、すごく大きなお仕事に取り組み始めたみたいです

たぶん、プレッシャー半端ない、、、

寝る時間を惜しんで今はお仕事に没頭されているようです

 

nonと過ごした2日間が癒しになっていたのか不安ですが、、、

次もまた

「奴隷を使おうかな、、、」

と思っていただける日まで、静かに待ちたいと思います

 

 

奴隷のnonに存在価値を与えて下さい

 

 

 

✏ふてくされて書いた記事

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

俺の奴隷④「常にエロいこと考えてるのが俺の奴隷というわけだなw」

「してません

8月2日に出された

『今週はあそこ触るの禁止にしよう』

         ↑

これは、生理が終われば、解禁ですか?」

 

 

夏期休暇に入る前、ご主人様は連日の飲み会でした

nonからのメールは相変わらず既読スルーです

翌朝、やっと返信をいただきました

久し振りの会話らしい会話でした

 

「ところで勘違いしてそうだけど

生理中は調教ストップなんで、解禁じゃなくて、そっからスタートですよ

毎日ちゃんとあそこ開いた画像を送ってオナニー禁止にしてこそ意味あるんだし

勿論、歯ブラシ突っ込んで気持ちよくなるのはオッケーですよ

変態奴隷にはそういうオナニーの方が似合ってるよw」

「😢

ありがとうございます

はい、解禁じゃないんですね、、、😭

言われてることは、頭ではわかります、、、

でも、、、

生理が終わったら、報告致します🙇」

 

「またアナルに歯ブラシ入れて感じてしまった変態奴隷です

って報告でいいよw」

「、、、、、、、、、

恥ずかしくて、ご主人様の顔見れません、、、

逢うの、複雑です、、、」

 

「嘘ばっかり」

「逢いたいけど、、、

嘘じゃないです、、、」

 

「あいたいだけじゃないく、そういう変態な自分を見てもらいたいんでしょ」

「うん、、、

そうなんですけど、でも複雑、、、」

 

「顔踏まれながらも

アナルオナニーして気持ちよがってる

そんな光景が思い浮かぶ

「顔はイヤかも、、、」

 

「へー、意外w」

「でも、実際には感じてしまうと思います、、、

今も、アソコがきゅんとしてます、、、」

 

「土下座しながら足舐めたりしたいんでしょ」

「はい

 

「それで顔が嫌と言うのがおもろいw」

「もうダメです

 

「はい」

「オナニーしたくなってます、、、」

 

「ま、常にエロいこと考えてるのが俺の奴隷というわけだなw」

 

「はい、仕事中なんですけど、、、考えてしまいます

アナルは声が出るから普通にしたいんです

困ってます、、、

生理が終わって、いつになれば、許していただけますか?」 

 

「うーん

アナルでいったらかな」

「えー、アナルで?

ご主人様と一緒じゃないといけない、、、」

 

「そっかー」

「怖いもん、、、

どうなったらいったのかも、よくわからないです

アナルは、、、」

 

「そういうもんかね〜

ビクビクなったらいったんじゃないのかね

アソコならいけるようになったのね」

「この前もやっていたら、LINEや電話で中断されて、途中で止めました」

 

「それがなかったらどうなってたかなぁ〜」

「あれ以上続けたらいけるのかな?」

 

「かもね

感じてるなら」

「アナルで感じてしまうのを意識すると余計に恥ずかしくて、感じてしまいました、、、

本当に私、おかしいんです、、、」

 

「そんなとこに入れて欲しいんだからなぁ」

はい、いっぱい入れてほしいんです

いつも、見られながらオナニーしたいって思ってしまいます

ダメです

もう終わりにしないと、、、

仕事しないと、、、」

 

「www」

「早く生理が終わりますよーに

笑」

「w」

 

 

 

平日の昼間にこんなメールを交わして、平然として仕事に戻るのは、、、

アソコは濡らされたまま、悶々としながら頭を必死で切り替えます

 

奴隷を実感させられる瞬間です

 

 

 

✏「俺の奴隷」と言われると嬉しくなります

 

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

 

 

 

仮死状態

二日目の朝、ご主人様は奴隷を使って下さいました

 

 

✏この続きです

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

ご主人様に激しく抱いていただいた後、nonはしばらくベッドにうつ伏せのまま死んでいました

うつ伏せのまま寝ていたようです

どれくらい寝ていたのかわかりません

もちろん正装のままでした💦💦

 

 

その間にご主人様はジャグジーにお湯を張って下さいました

ほんとなら、奴隷がお世話をしなければいけないのに、、、

 

こんなところが、大きな反省点です、、、😢

ご主人様の奴隷なのに、一緒にいる時には圧倒的にご主人様の方が細かい点まで気遣いが出来るのです

 

毎回、

「次は精一杯のおもてなしをしなければ!」

と、誓うのに、結局、ご主人様に敵いません

 

体力がないのです

エッチをしている時も、まだまだフィニッシュしないご主人様に対して、グッタリとして、ただただ感じることしか出来なくなるので、もっと持久力もつけたいし、ご主人様に喜んでいただける身体のしなやかさもほしいです、、、

 

今回もエッチが終わるとしばらく仮死状態でした💦💦

 

目が覚めて、ご主人様を探すと、ジャグジーのボコボコという音がしてました

恐る恐るバスルームを覗いて

「入っていいですか?」

と聞くと

「どうぞ」

と言って下さいました

 

ご主人様の隣でゆっくりお湯に浸かりながら、その日の予定を決めました

 

仮死状態になって、強ばっていた奴隷の身体は、暖かいお風呂とご主人様の奴隷を大切にしてくださる暖かい愛情で、ゆっくり生気を取り戻すのでした

 

とても満たされた時間でした

 

 

 

✏エッチの後は動けなくなります

 

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

 

 

「なんでこんなに濡れてるんだ?」

ご主人様は今、とても忙しいのです

奴隷はご主人様からの連絡をじっと大人しくして待っています

 

でも、今日は久しぶりに飲んでしまったのもあり、ご主人様に連絡したい気持ちが溢れてきました

 

 

「酔ってます

ご主人様に逢いたいですーーー」

 

宴会場でちょっと弾けた奴隷の写真を送りました

 

「酔ってる感バリバリだなw」

 

 

無視されてしまうと思っていたから、返信いただいたのが嬉しくて舞い上がってしまいました

 

 

「ずっと我慢してたけど、、、

見て下さい

ごめんなさい

酔ってるから、許して下さい

 

二次会のスナックのトイレで撮りました、、、

 

ごめんなさい」

 

 

スナックのトイレで下着を脱いで、アソコが見えるように撮影して送信しました、、、

 

 

「なんでこんなに濡れてるんだ?」

「 、、、」

 

 

なんでこんなに濡れているのか?

だって、ご主人様の奴隷ですもの、、、

 

 

おやすみなさい

大浴場で、、、

今日は仕事で県外に来ています

昼間は会議がありました

懇親会ものりきって、やっと一人になりました

 

部屋にお風呂も付いていますが、旅行に来たら大浴場に入ります

12時に閉まる大浴場に11時過ぎから入りました

ラストの一人になるまで粘りました

 

一人になったのを確認してから平泳ぎしました~

大浴場の真ん中で仰向けになって、プカプカ浮いたり、、、

子供に戻ったようで、ちょっと楽しかった!笑

 

満足です😆

「おやすみなさい」が言えない

ご主人様にメールをしたいけど、しません

できません、、、

 

「仕事に集中したい」

 

と宣言されています

 

 

「奴隷が必要になったら、仰って下さい

おやすみなさい」

 

と、夕べ送ったメールの返信は今朝10時を過ぎてから

 

「はい」

 

と、いただきました、、、

 

 

 

 

「おやすみなさい」

 

と、言いたいけど言えない、、、

 

小心者の奴隷です

 

 

こんな夜中に奴隷の呟きを読んでいる

あなたへ、、、

 

もう遅いから、お布団に入りましょう

 

 

 

「おやすみなさい」

 

心がザラつく

今日、以前の部下を見かけました

 

在籍していたのは半年間もなかったと思います

仕事中にパチンコ店に入る彼女の目撃情報が挙がったり、入社して一緒に働いてみて分かったことでしたが、学歴詐称をしていたようです

 

在職中に同行依頼があり、お客様宅に向かう途中で

「私、独身って言ってるので話を合わせて下さい」

と言われました

彼女には旦那さんも子供さんもいました

私は

「家族に言えないような仕事はしたらダメ」

と注意しました

他にも小さなほころびが見つかる度に小さい衝突をしていました

「主任に泣くまで追い詰められる」

と、周囲に漏らしていたようですが、私は彼女の涙を見たことは一度もありません

 

最終的に

「社内のムードに合わない」

と言い残して弊社を去りました

 

 

 

そんな彼女が少しうつむき加減に携帯を弄りながら、信号待ちをする私の前を横切りました

一緒に働いていた時のスーツではなく、カジュアルな服装でした

 

彼女の後ろ姿を見送った後から私の心はザラザラしています