金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

なかなかの眺め

※写真あります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:non46:20190323000708j:image

 

 

スカートの中は昨日出された命令通りです

 

便座に片足を上げて、ローアングルから撮影した2枚も含め、ご主人様には6枚の写真を送りました

 

 

「なかなかの眺めですな」

 

 

まるで桜を愛でるような感想をいただきました

 

昨日の命令

※写真あります

3枚あります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:non46:20190321175132j:image
f:id:non46:20190321175140j:image
f:id:non46:20190321175147j:image


 

 

 

 

昨日出来なかった

「食い込んだところ」

を今日はお見せしました

このためにわざわざ下着を食い込ませてお買い物に行く奴隷、、、

暇人やわ、、、笑

 

 

「昨日出来なかったから、食い込ませて買い物に来ました」
「偉いな」

「命令なのに、遅くなって申し訳ありませんでした」

 

「偉いな」って誉められて、ご機嫌になりました

 


「明日はパールとしっかりストッキングで抑える仕様だな」

 

 

明日の課題も出されました

ワクワクします

またやってしまいました

今日はご主人様はお仕事みたいです

ベッドの中からご主人様にメールをしたら繋がれて、リアルタイムで一時間ほど、やり取りが出来ました

 

途中、とても嬉しく楽しい時間もありましたが、最終的にnonの質問攻撃で撃沈されて、泣きながら携帯を閉じることになりました

ご主人様に逢いたくて逢いたくて、、、

でも、それは物理的に無理で、、、

 

ご主人様にギュッとされたいです

耳を噛んでもらいたいです

 

ご主人様の奴隷でいることを実感したいです

「じゃあ食い込ませとこう」

酔っぱらいの奴隷のnonです

 

今月は送別会や懇親会が数回あります

今夜も送別会でした

飲み会の途中で携帯を開いたら

 

「じゃあ食い込ませとこう」

 

とのことでしたが、今日はパンツスーツだったので、、、

恒例のトイレでのパイパン姿を見ていただくことにしました

 

でも今夜のご主人様はパイパンより食い込んだ下着姿を見たかったようです、、、

パイパン写真の後でも再度

「食い込ませて」

と命令を出されてました

 

結局、酔っぱらいの奴隷はご主人様の命令を聞けませんでした

明日、キチンとやろうと思います

 

 

今日は酔っぱらいなんです、、、

ご主人様、ごめんなさい

いじめたい人

ご主人様が奴隷をいじめるのは『遊び』みたいです

自分が楽しむためにいじめる

 

その欲求を満たし、受け入れるのがご主人様の奴隷としてのnonの役目です

それが奴隷のnonの存在意義です

 

昨日からこの主従関係においての自分の存在意義が明確に分かった気がして、心が穏やかになりました

だからご主人様に必要とされてるんだ、、、

と改めて自覚することが出来ました

「全て解消できる相手は奴隷」

最近、ご主人様はSM方面に興味がおありのようです、、、

 

読者の皆様は、もしご自分がアブノーマルな性癖に興味がわいた時に現在のパートナーに

「○○をやってみたい」

と言えますか?

私は離婚をした元の旦那様には言えませんし、これまで付き合った男性にも言えません

そこには『こんな自分を知られたら、嫌われてしまうかもしれない』という思いがあるからです

 

 

 

今日、ご主人様から

「拘束器具に縛ってバイブ突っ込んで鑑賞とか面白いだろうかと、こういう方面に興味を持ったり、ツイッターなんかにある変態プレイで興奮しそうな事があると、全て解消できる相手がいるという事に幸せを感じる今日この頃です」

とメールをいただきました

 

週明けは打ち合わせや同行でいつも忙しくてメールを開く時間もないのですが、お昼前にこのメールをいただいて、とても嬉しく感じました

ご主人様にとって、自分をさらけ出せる相手にnonを選んで下さっている証だとポジティブ変換させていただきました

nonはご主人様のどんな面を見せられても嫌いにならないし、軽蔑もしません

どんな思いや性癖のご主人様でも受け入れる覚悟があります

 

どんな形であれ、ご主人様のお役に立てることも嬉しいし、ご主人様の欲求を満たす相手に選んで下さっていることに感謝の気持ちが溢れてきました

こんな時、心がすごく満たされて幸せな気持ちになります

 

『ご主人様が奴隷のnonを飼っていることに幸せを感じて下さっている』

なんてステキな主従関係、、、

本当に嬉しくなります

ご主人様、ありがとうございます

次にご主人様にお逢いしたら、精一杯、真心込めてご奉仕しようと思いました

 

分かっていますが、時々寂しくなるんです

休日はご主人様のリアルな日常の中ではnonの存在感はあまりないということを思い知らされます

ご主人様はメールアプリを開かないのです

『最終接続時間』は更新されないまま日曜日は過ぎていきます

 

ご主人様にも奴隷のnonにも守るべき日常があることはお互いに分かっています

それを尊重しているから、この主従関係は続けられているのです

分かっていますが、時々寂しくなるんです

 

 

おやすみなさい

○○したい

お休みの日はご主人様に逢いたい病の奴隷のnonです

最近、寝る前の一方的メールが暴走していて、冷静な昼間に読み返すと恥ずかしくなります

先日の夜もかなり暴走していました、、、

 

 

「メール読み返してオナニーしてます
ご主人様に『もっと足広げたところ見せて』って言われたのがすごく嬉しかったです
『○○して』って言われると応えたくて、誉められたくて、すごく感じてしまいます
ご主人様大好きです」


「ご主人様の目の前でいきたいです」


「ご主人様に乱暴に使われたいです」

 

「奴隷のいやらしい○ま○○にいっぱい指入れて下さい
ぐちゅぐちゅに濡らして待っています」


「フェラしたいです」


「いっぱい口に出してほしいです」

 

 

 

ご主人様はオンラインになりませんでした

そして自分で慰めて、疲れて寝ました

 

普段は『アソコ』と書くところを『お○○○』と表現している時はかなり淫乱モードになってます

分かりやすい私、、、笑

 

そして、いつものようにご主人様にはスルーされていました

もう少しだけでいいから構っていただけたらな、、、

とか思ってるところが奴隷として未熟なんだとは分かっています

奴隷の立場で『○○したい』は言ってはいけないのに、、、

成長したいのに出来ていません

ボールギャグ

※写真あります

 

 

 

 

Twitter大好きなご主人様にお仕えしている、Twitterと上手く付き合えない奴隷のnonです

 

ご主人様は主従関係に属している方を沢山フォローしています

今日もお気に入りの奴隷さんがご主人様の手作り器具や装置で苛められてるのを見て、興味津々でした

nonはどちらかと言うと、機械や道具よりも生身のご主人様がいい、、、

ご主人様の身体、指先がいいな、、、

 

ご主人様にサラッとお伝えしてますがボールギャグは絶対にされたくありません

奴隷失格なのかもしれませんが、見た目的にいやなのです

口開けっ放しの自分の姿をご主人様に見られたくない、、、

この考え方自体がもはや奴隷失格なんだと思います

この理性を粉々にされるくらいの調教を受ければ、本物の奴隷になれるのでしょうか、、、

 

 

※写真あります

 

 



f:id:non46:20190316235716j:image

 

 

画像はWikipediaからお借りしました

『ボールギャグ』とはSMグッズの一種です

興味のある方はお手数ですが、ご自分でお調べ下さいませm(_ _)m

「もっと足広げたところ見せて」

※写真あります

 

 

 

 

 

「いってきます」

 

出勤途中の信号待ちでスカートをまくり、パールパンツを履いてるのが分かる写真を送りました

少しだけ開いた足の付け根の部分にパールビーズが縦に3つ並んでいるのが見えるように撮影しました

穴あきストッキングなので、恥ずかしい部分は丸見えなのです、、、

 

ミーティング終わりに携帯を確認するとご主人様から返信がありました

 

「おお、いいじゃん」

「ありがとうございます」

 

誉められたお礼を返信するとすぐにオンラインにして下さいました

 

「もっと足広げたところ見せて」

 

 

予想外のご主人様の要求に身体が反応しているのが分かりました

この言葉で奴隷のスイッチは更にもう一段階押されてしまいました

嬉しくてドキドキしました

午前中のアポを1件片付けて、ディスカウントストアの駐車場に入りました

壁際に車を停め、シートをずらして、足を広げてアソコのアップの写真を撮り、送信しました

次のアポまで30分あったのでしばらくご主人様からの返信を待ちました

待っている間(今はダメ、、、)と頭では分かっていたのに、車の中で指を入れてしまいました、、、

(ご主人様、早く見て下さい)

と願いながら耐えられなくなり、指を動かしてしまいました

 

「濡れてます
車で指いれてます」

 

指を入れている恥ずかしい写真も送信しました

数分後にご主人様はオンラインになりました


「すぐ触れるから便利だなw」

「仕事します
中、ぐちゃぐちゃです
アポ行かないと」


「いいねぇ」
「仕事します」

 

 

本当にアポの時間が迫っていたので、奴隷スイッチをOFFにして急いで仕事に向かいました

 

 

約2時間後に携帯を開くとご主人様から返信をいただいていました

「パールが当たるわけじゃないんだな」
「動くとクリに引っかかります、、、
普通のストッキングだと圧迫されて、もっと感じてしまうと思います」
「そうか、、普通のストッキングの方がいいのか、、
座るたびにグリグリなる予想だったが残念だ」

 

以前のエントリーで写真を載せましたが、パールビーズは前から見たちょうど割れ目の辺りを隠すようなデザインになっています

ご主人様はパールがクリよりももっと敏感な部分に当たることを期待していたみたいです

この位置より中の方に当たると、本当に普通にしてるのは無理だと思います、、、笑

 

夕方のアポまで時間が少しあったので、また奴隷スイッチが入ってしまいました

ディスカウントストアのトイレでスカートを脱ぎ、撮影会をしてしまいました

パールパンツを履いたままでM字開脚でオナニーする奴隷の恥ずかしい動画をご主人様に送りました

写真も10枚も送ってしまいました、、、

淫乱なスイッチが入ってしまって、仕事中なのに、2回もいってしまいました、、、

 

 

 

※写真あります

 

 

 

 


f:id:non46:20190315210237j:image

 


f:id:non46:20190315223913j:image

 



 

ご主人様からは

「動画みたけど、だれがオナニーしていいっていったよ!(笑)

まあ、そうとうひくついててエロかったけど」

と、また呆れられてしまったみたいです、、、

このブログを書きながら今日1日を振り返ってみると、ご主人様のたった一言でこんなにも淫乱になれてしまう自分が怖くなります

このままご主人様に要求されるままに、もっとエスカレートしてしまっても、私の中の奴隷は理性が無くなり、ご主人様の命令を受け入れてしまうのだと思います

ご主人様の奴隷にしていただけて、本当に感謝しています