読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金魚みたいに・・・

新人奴隷です。主従関係に足を踏み込んだばかりです。   ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ご主人様のパブロフの犬

先週末は本当に疲れていました

金曜にはクタクタでした

 

寝る前にご主人様にLINEをしました

 

「お疲れさまです

今日も忙しかったですか? 

私はヘトヘトです

ご主人様に逢いたくて、震えてます、、、笑

今日、また新たなもめ事が、、、

もめ事が起きる度に上司とミーティングです

今週は毎晩、、、

マジで疲れました

早く帰りたかったです

おやすみなさい

 

ご主人に逢いたい

ぎゅーってしてもらいたいです

おやすみなさい」

 

思いがけず返信が、、、

 

「ちょうど寝るところ」

 

「疲れているのに、ごめんなさい💦💦

寝て下さい🙇 

おやすみなさい」

 

「いえいえ

おやすみなさい」

 

「寝て下さい」と聞き分けのよい奴隷を演じつつ、本当は心の中では

「ご主人様の時間を少しだけ奴隷に下さい」

とテレパシーを送っています

 

全く伝わりませんけどね、、、笑

 

 

20分後のnonからのLINEがその日のラストでした

 

「返信はないと思っていたので、寝るつもりだったのに、、、

LINEしただけで、したくなって、オナニーしてしまいました、、、😳

おやすみなさい」

 

次の日の朝早く返信がきてました

 

パブロフの犬かよ笑」

 

反応をいただけただけで、幸せでした💖

 

「うん、同じレベルです!笑」

 

で、またまた朝からアソコを濡らしてしまいました

ご主人様の事を想いながら、自分の指で一回だけいってから、ベッドから出ました、、、

 

これを書いてる今も濡れています

 

いいとこ探し

奴隷のnonは今日は静かに待機していました

ご主人様からLINEが来ないかな~と思いながら、ご主人様の「いいとこ探し」をしました

 

 

ご主人様は二人でいると、とても優しく細かい気配りをして下さいます

 

例えば、、、

ホテルでお風呂にお湯を張って準備をして下さるのはいつもご主人様です

nonはたいてい喘ぎ過ぎてグッタリしているので、、、笑

 

部屋に入って、空調を整えて下さるのもご主人様です

暑がりなご主人様と寒がりなnon

最初はnonに合わせて下さって、ご主人様が汗をかき始めたら温度を下げます

その時もnonはグッタリしています、、、

 

食事の席でも、割り箸やスプーンを手渡しして下さるのもいつもご主人様だし、コップにお茶やお水を足して下さるのも、だいたいいつもご主人様です

あまり水分を取らないnonは全然気配りが出来ません💦💦

 

 

そんなご主人様ですが、ニュースを見てる時はいつも真剣な表情です

世界の動きには敏感にアンテナを張って、常にビジネスチャンスを探しているみたいです

いろんな事も知ってるので、本当にいつも驚かされます

なんで、こんな普通のnonと一緒にいて下さるのか、いつもいつも疑問です、、、

 

他にもいっぱいあるんです

逢う度に新しい発見があり、ドキドキさせられます

 

エッチの最中は優しかったり、厳しかったり、怖かったり、激しかったり、、、

毎日書いてる通りです、、、笑

nonのご奉仕よりも、ご主人様からのご褒美の割合が多いような気がします

毎回、nonは心も身体もとろとろに溶かされて、あたたかく満たされて現実に帰ります

ご主人様も同じ気持ちだったら嬉しいのですが、、、自信ありません、、、😢

 

 

昨日の朝、急に

「GW明けぐらいに一回来ますかね?」

と、LINEを下さいました

「ほんとに?」

 って、秒速で返したのに、そこから音信不通でした

 

夕方、全然違う話題では少し話しましたが、、、

それも、

「また後で、、、」

って言われたっきり、今まで放置されています、、、😭

 

後って、いつですか~?笑

 

ご主人様の奴隷はご主人様の事を想いながら、待っていますよ~

 

スルーしないで

今日は夕方、ご主人様とゆっくりLINEが出来ました

nonの近況報告をしました

 

写真の感想言って下さい🙇 」  

 

 

*写真は削除しました

 

 

ご主人様にはキラキラなしです

って、nonの顔知ってるし、、、笑

 

我ながら、いい笑顔💖(アホですみません💦💦)と思ったから、ご主人様に贈ったのに、、、

しかも、リアルタイムのLINEの途中で、送ったのに、ノーコメント、、、

 

「写真の感想言って下さい」

って、お願いしてるのにノーコメント、、、

 

完全にスルーです、、、😢

 

ご主人様、無視しないで下さい、、、

 

ヘコみます😢

 

 

✏お風呂に入る前に一度アップしましたが、写真のキラキラを増やしてからの再投稿です💦💦

ご主人様にぶつけられない想いをブログにぶつけてしまいましたが、やっぱし冷静になるとダメかも、、、と、手直しした小心者です💦💦笑

 

夜中のブログは危険ですね、、、笑

 

おやすみなさい

 

 

✏追記

4月23日夕方に写真は削除しました

身バレすると困りますから、、、

ご指摘ありがとうございました

バチーンとナデナデ

エッチ M

「ご主人様の奴隷」と実感させられるバックがnonは好きです

 

征服されてる感が、、、

ご主人様には敵わない、、、

私は奴隷、、、と思い知らされているようで、感じてしまいます

 

アナルのバックは苦しくて、気が狂いそうな切なさを伴う快感です

でも、普通のバックは苦しさはありません

ご主人様の顔が見えないなかでのエッチはnonのM性を刺激します

 

 

ご主人様は毎回バックの時はnonのおしりをスパンキングします

痕が残るほどではないけれど、バチーンと、、、💦💦

痛いというより、いつくるか分からない刺激への恐怖です

これもドMのnonを感じさせます

 

「エロい」

と言われながらのスパンキングは気持ち良くて感じてしまいます

 

最初はnonのウエストの辺りを両手でしっかり抑えて、逃げられないように固定されます

おしりをつき出すような体勢で後ろからつかれると、人間ではなく動物の交尾のように、全身で喘いでしまいます

しばらくその体勢で奥まで突かれ続けると、喘ぎ過ぎて、だんだん力が入らなくなります

 

すると、後ろからご主人様の手は胸を触り始めます

小さいnonの胸を後ろから優しく愛撫したり、時々ギューッと乳首を摘まむのです

感じすぎて、おかしくなりそうになります、、、💦💦

 

枕に顔をうずめて

「いや」か「あん」

しか言えなくなります、、、

 

その間に何度もバチーンと叩かれますが、ナデナデもして下さいます

叩いた後にお餅を丸めるように、ナデナデされるとホッとします

 

nonのおしりをスパンキングしている時のご主人様はどんな表情なんでしょう、、、?

見たいな~

 

 

スパンキングのお話はコチラ

 

non46.hatenablog.com

 

 

ほめ言葉

奴隷 エッチ

前日のご主人様からいただいたLINEにあった言葉は、想像以上にnonの心に響いていたようです

 

 

non46.hatenablog.com

 

夢を見ました、、、

 

 

「おはようございます🙇

朝からしてしまいました、、、

フェラだけで帰される、、、って、想像しただけでキュンときて、夕べは寝ました

夢の中でご主人様は私の目を見てくれなくて、、、

一生懸命ご奉仕して、一人で感じて、どうしても触れてほしくて

「入れて下さい」

って、お願いしたら

「今日はダメ」

って、言われて、我慢しながらオナニー見ていただいてました

あきらめていたら、オナニーしてるのも止められて、ウズウズしていたら、急にクンニして下さいました

舌で舐められただけで、いってしまう夢でした、、、

 

はー⤵、逢いたい病のピークです、、、」

 

「朝から相変わらず変態全開でいいねw 」

 

「今もさわってます 

 もう時間ないのに、、、、  

 返信いただいただけで、濡れてます 」 

 

「変態め」

「はい」

 

「今日はノーパンで出社していいよ」

「え?💦💦」

 

「会社着いたら履けばいい」

はい、、、

ヌルヌルです

起きないと、、、

起きます😭」

 

「www」

 

 

結局この日は事情があり、ご主人様の命令をきくことは出来ませんでしたが、近いうちに実行したいと思っています

 

それにしても、、、

ご奉仕だけで帰されるって、やっぱりnon的にはショックだったのかな、、、

 

夢の中では、前回のようにご主人様の足に跨がって、フェラしながら感じていました

 

でも、いけなくて、ご主人様にキスしたり

フェラしたり、とにかく一生懸命ご奉仕するのに、nonには触れて下さらなくて、半泣きになりながら

「入れて下さい」

「指貸して下さい」

って、お願いしてました

惨めな気持ちになっているはずなのに、とても感じていてアソコは濡れていました、、、

 

隣で携帯を弄りながら、nonを無視するご主人様に悲しくなっていると、急に足を開かされ、腰から引き寄せられて舌を入れられて、、、

それだけでいってしまう夢でした、、、

 

舐めていただけた時に全身が嬉しくて、喜んでいる感覚、、、

我慢させられていたものを解放するような、期待感が高まりすぎて、あきらめに移行する直前で引き戻されるような、、、

 

うまく伝えられませんが目が覚めた時に、ビショビショに濡れていたし、なんとも言えない満足感に包まれていました

で、すぐにご主人様に報告しました

 

ご主人様に

「変態め」

と言われて嬉しかったです

だって、これってご主人様からのほめ言葉です

 

こんな時も私はご主人様の奴隷なんだな~と実感させられます

幸せな気持ちになります

 

でも、ご主人様が望んでいる本当の奴隷は

「酷い扱いを受けても、使われただけでも喜ぶ奴隷」

なのです、、、

 「変態奴隷」

nonはまだまだ未熟で道は遠そうです

優しいご主人様はこんなnonの成長を見守って下さるみたいなので、期待に応えられるように頑張ります

 

✏ご主人様は「変態奴隷」がお好き

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

ブログ内を「変態奴隷」で検索したらいっぱいヒットしました💦💦

上記はその一部です、、、笑

私たちっていつもこんなこと話してるんだ、、、とちょっと恥ずかしくなりました

 

びくぶくしてます

エッチ 主従関係

ご主人様に逢いたい時には以前のLINEのやり取りを読み返してしまいます

 

non46.hatenablog.com

この日の翌日のLINEです

前日はご主人様は現場のお手伝いに入ったそうです

疲れてないかな~?と思いながら、目が覚めてすぐに送りました

 

 

「おはようございます🙇

肩凝りしてないですか?

マッサージしたいです

うつ伏せのご主人様の背中に乗って、マッサージ、、、

間違いなく一人で感じてそう、、、笑

私は昨日、帰りが遅くてすでに疲れてます、、、

逢いたいー

ご主人様にひっついてウトウトしたいです」 

「実は肩や腰が凝ったことがない 

奴隷の存在価値を忘れて反省とあったけど

次はちゃんと性処理道具だけで使ってみるかな

フェラのみとかね 

近ければ、ちょっと来いと呼んでフェラだけさせて終わったら、帰っていいよ

という扱いしたいんだけどなーw」

 

「奴隷って、そうなんですよね、、、

それが、奴隷なんですよね、、、  

ご主人様がそうしたければ、そうして下さい🙇」 

「それでも使われて喜ぶのが本当の奴隷だな」

 

「はい

ご主人様が、優しいから錯覚してしまいそうになります

 

どうして、こんなに難しい話になったんでしょう、、、

私、自分のダメっぷりが本当にイヤになってきました、、、」

「難しい話か???」

 

「うん、私的には、、、

違う?」

「どの部分が?」

 

「私、ダメじゃない?」

「ダメだからより良い奴隷に成長してくんでしょ?」

 

「はい」

「どこもそんな感じな気がするわ

なんでもゴールはないからねぇ

日々精進ですなwww」

f:id:non46:20170419211009j:image

「どんなイメージですか?笑」

「www」

 

「自分に自信がないからですよね、、、」

「自信ねぇ~」

 

ここからはnonの仕事の愚痴でした、、、

 

 

読み返してみるとよく分かる自分のダメっぷりとアホっぷり、、、

ご主人様はいつもと変わらないテンションでnonの相手をしてくださっているのに、nonが一人で勝手に上がったり下がったりしています

 

 

 

「名前を呼んでもらえない」

とか、ほんとにくだらないことで落ち込んだり、、、

ご主人様につっかかるようなLINEをしてなくて良かったです

 

 

「ダメだからより良い奴隷に成長してくんでしょ?」

と言ってくださってました、、、

ここ数日のLINEを読み返してみるとキュンと嬉しくなるような言葉がいっぱいありました

こんなに元気の出る言葉をかけてくださっていたのに、自分に余裕がなくて読み飛ばしていました、、、

本当にダメですね、、、

 

この日は「フェラだけで帰っていい」みたいに言われたことが、心に残りました

わざわざ遠くから逢いに行って、ご奉仕だけで帰されるって、辛いし、屈辱的です

でも、そのシチュエーションに感じているドMなnonがいます

ご主人様に懇願して、悶えてしまうと思います

そんな風に酷い扱いを受けるのはイヤだけど、それがご主人様からだと、快感に変わっています

そんな風に扱ってもらいたいです

 

 

今日は金曜だからちょっと心に余裕が出来ているのでしょうか?

ゆっくり文章を書く気持ちになりました

週末にテンション上がる子供みたいですね、、、

ま、これが私だから、、、笑

 

明日も仕事だけど、頑張ろう!

夜はコンパ?ちっくな飲み会です

お洒落して美味しいお酒を楽しんできます

でも、女子のメンバーの一人が体調が悪いらしくて、、、

新年度の疲れが出る頃ですもんね、、、

 

 

✏仕事で連日帰りが遅くて疲労MAXで卑屈になっている奴隷のつぶやきはコチラ

non46.hatenablog.com

 

疲弊

ひとりごと

今週は本来の仕事以外に考えないといけないことが多くて、なんだか単純な「疲れ」ではなく「疲弊」してます

 

どうして、女という生き物はこんなにも面倒なのでしょう?

会社では、口より行動を起こしましょう

 

立場上、人の悩みに耳を傾けたり、不満をぶつけられたりします

相手を受け止めるだけの行為は、時にしんどくて、こんな自分を誰かに受け止めてもらいたくなります

 

その受け止めてもらえる先に「ご主人様」がいます

本来は奴隷のnonがご主人様を受け止める先になりたいと思っていました

でも、ご主人様は忙しければ、忙しいほど仕事が楽しくて仕方がないみたいです

奴隷のnonは出番なしです

 

どうして、こんなに自信がなくなってしまったのか、自分でも分かりません

 

ご主人様にLINEをしたいのに

「お忙しいかも、、、」

と思うと、入力したものの送信ボタンを押せずにdeleteしてしまいます、、、

 

以前のnonなら、今のこの疲れをご主人様にぶつけて、返信がなければないで、ぶつけることで消化できていたと思います

 

でも最近はくだらないnonのつぶやきにご主人様の貴重な時間を使ってしまうのが申し訳なくて、LINE一行にも推敲をしてしまいます

で、結局、送信をやめてしまいます

 

たぶん、nonがこんなに悶々としているなんて、ご主人様は思ってもいないでしょう

 

ご主人様に逢いたいです

ぎゅーってしてもらいたいです

わからなくなってます

主従関係 ひとりごと

ご主人様は本当はnonを見ていないのではないでしょうか?

 

と思う時が時々あります

 

 

ご主人様はnonの名前を呼びません

 

二人でいて名前を呼ばれたことはほとんどありません

 

nonはご主人様の名前を呼びます

LINEでも、逢っている時の会話でも

「○○さん」

と、、、

二人きりでも、会話中にもよくご主人様の名前を入れます

 

エッチの最中に喘ぎながら、いかされながら

「ご主人様」

と呼ぶこともあります

 

ご主人様の会話にはnonの名前が出てこないのです

 

nonの名前を覚えてないのか、、、

誰かと間違えたら不味いから呼ばないのか、、、

 

イヤな方に考えてしまいます

 

 

こんな奴隷ダメですね、、、

そもそも私は何を求めてるんでしょう、、、

 

おさえられなくて、、、

ひとりごと

「しました😳

ご主人様とのエッチを思い出しながらしました😳

ご主人様を舐めたい

私の喉の奥をついて下さい

ご主人様に触れたいです

見られながらしたいです

濡れてるのを見てもらいたいです、、、

「エロい」って言われたいです

私を縛って、メチャクチャにして下さい

お願いばっかりしてダメな奴隷ですね、、、

おやすみなさい」

 

ご主人様はこの時すごく忙しくて、nonは放置されてました

返信はないままです

 

真夜中、2時半過ぎに送信しています💦💦

迷惑、、、💦💦

お忙しいのは分かっているのに、自分の欲求不満な気持ちや、ご主人様にこっちを見てもらいたい気持ちがありありの恥ずかしい文面です、、、

時間が経って冷静になって読み返すと、自己嫌悪です

定期的にこんなことをやってるので、人として成長したような気がしません、、、

こんな内容のLINEをすると、ご主人様の理想の奴隷から遠ざかってしまう、、、

それは分かっているのです

でも、時々おさえられなくて、してほしいことや、したいことを後先考えずに打ち込んで

送信してしまいます

実際にご主人様に贈ってる文面はもっと卑猥で、直接的な表現だったりします、、、

 

最低、、、

 

 

そして、たいてい次の日には

「改心の誓い」

を立てるのです

 

 

「寝てますか?

明日、成功すること願っています

私、奴隷として本当に出来てませんね、、、

今日は過去のLINEを読み返して反省しました

ご主人様を気持ちよくするのが、奴隷の存在価値なのに、、、

時々、忘れてしまいます

本当にごめんなさい

ご主人様に見限られないように、頑張ります

おやすみなさい」

 

「成功を僕も祈ってますw」

 

 

ご主人様のお仕事は順調みたいでした

良かったです

ホッとしました

 

 

毎回、反省して

「ちゃんとします」

って、ご主人様に誓うくせに、時間が経つと忘れてしまい、また同じようなことをしています

ご主人様はこんなダメ奴隷のnonの相手をして下さりながら、nonをどう思っているのでしょうか?

「またか、、、」

と、呆れられているような気がします

 

わがままを言っても、

「ご主人様はきっと、許して下さる、、、」

と、ご主人様を試しているのでしょうか?

 

こんな自分は本当にキライ

 

ある日、急に別れを告げられるのではないかと、不安にかられます

 

それなら、行動を改めればいいのに、、、

 

奴隷の解雇

二人の時間 主従関係

優越感に浸りたいご主人様にヤキモチをやいてほしくて、nonの近況報告をしました

 

「来週は久々にコンパちっくな飲み会です」

「ほう

そこで超ノーマルな彼氏できるかなw

そうしたら調教ができるわ」 

 

「この前、漫喫でLINE見せた「ワイルドなお金持ち」の話、覚えてますか?」

「あー、はいはい

友達募集のね」

 

「私は断ったけど、友達にあのLINEを転送したら乗り気で、トントン拍子に話がまとまって飲み会になりました」

「リッチにつられたか!笑

Sだったら断りましょう

というより、もうM男と付き合いましょう」

 

「え?」

「M男なら調教絶対されないじゃんw」

 

「M男さん?

いやですー

それに、私は行くだけですもん」

「そっか」

 

「男性側はどんなメンバーか知らないし、、、

ワイルドなお金持ちの周辺の男性、、、

私は全然期待していません!笑」

「意外といいかもよ~」

 

「でも、現在進行形の報告はしたらダメなんですよね?」

「どういうこと?

あー、サイトとかのね」

 

「はい

 

って、報告することは一個もないけど、、、笑」

「ないんかいっ!」

 

「だって、忙しいもん!!

まー、ボチボチやります、、、笑」

「おいおい、、、」

 

「なんか、やっぱり、ご主人様と比べてしまいます」

「それはいかんなぁ~」

 

「はい」

「俺は最強だからなぁ~笑」

「笑

私の自慢のご主人様です

でも、誰にも自慢できない、、、笑」

 

「もっとひどく扱えばいいかな

それはそれで感じそうだが、、、」

「はい」

 

「だからブログ書くのかね

ブログでなら自慢できるから」

「、、、💦💦」

 

「みんな人に言いたいけど言えないから書いてるのかもね

なんかのブログ読んでて、そういう事だ!!

と思ったのが、性処理奴隷はご主人様に使ってもらうのが存在価値じゃん

だから奴隷が自分の快楽を優先してはいけないと書いてあった」

「はい

そうだと思います」

 

「この前、指入れてーとか言ってたじゃん」

「いつも反省してます」

 

「それはやる必要がないんだなと勉強しましたw」

「ゾワッとしました、、、」

 

「奴隷の希望はうけつけず自分がやりたいように使う」

「私がお願いしても?」

 

「お願いする事自体が奴隷としてダメな訳だ」

「お願いしたらダメなのか、、、」

 

「そうそう」

「はい」

 

「常に楽しませて癒す存在でありましょう」

「はい」

 

「次にご主人様に逢えるのはいつですか?」

「いつかねー

とりあえず今の仕事が落ち着いたらだなぁ」

 

「はい」

「ではでは仕事に戻ります」

「はい

ありがとうございました」

 

 

 

ご主人様ーーー

このブログ読んでますかーーー?笑

 

 

ご主人様とLINEをしながら

「ご主人様、私のブログ読んでますか?💦💦」

と、聞きそうになりました💦💦

 

でも、読んでいる訳じゃなくて一般論を仰ってるような気もします、、、

結局、怖くて聞けませんでした、、、

 

 

ご主人様が仰ってたことは、ごもっともなのです

「奴隷のnonの存在価値はご主人様を癒すこと」

なのです

でも、nonが未熟なので、なかなかそれが出来てません

奴隷にとっては基本的な事が出来てません、、、💦💦

 

いつも思うのです

「もっと近ければ、もっと使っていただけるのに、、、」

今の状態は逢えるのは二ヶ月に一回ペース

 

本当はもっと頻繁に逢いたい

 

 

そう思うのは、奴隷として使っていただいてご主人様を癒したいからなのか?

それとも、単にご主人様に快楽を与えてもらいたいからなのか?

 

それとも、この感情は「好き」という感情で、いくら好きになっても、彼女にはなれないのが分かっているから辛いのか、、、

 

 

ご主人様とは距離がありすぎて、飛行機代の数万を捻出するのと、二人の予定を合わすのが至難の業なのです

飛行機代は「出して下さい」とnonがお願いすればご主人様は出して下さると思いますが、言いたくない、、、

逢いに行くと、全てご主人様が出して下さるので、自分の足代くらいは自分で工面したいのです

それに自分で出して逢いに行かないと、ご主人様任せでいたら、いつまで待っても呼んではもらえない気がして、、、

 

「ご主人様が自腹を切ってまで呼び寄せたいレベルの奴隷」=「ご主人様のお気に入りの奴隷」までのレベルにnonはまだなれていないのです

ある日、ご主人様に「解雇する」と言われてしまうと、奴隷のnonはいなくなります