金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって3年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

命令は絶対

※写真あります

 

 

 

 

 

平日の仕事中にご主人様から命令が出されました

 

「トイレでイジって来なさい
1分」

 

今は出来ないって知ってるのに、命令をしてくる、意地悪ご主人様でした

 

「午後からじゃダメですか?車か、社内」
「まあいいよ」

 

「ありがとうございます」
「それまではメンソレ塗っときなさい
パンツ食い込ませて仕事ね」


「今日Tバックなんで、食い込んでるから、、ずっと感じてます」
「すでにかw」


「はい、塗ります
ありがとうございます」

 

 

早速トイレでアソコにメンソレを塗る従順な奴隷のnonです

その時点では、まだ下着が汚れるほど濡らしてはいませんでした

トイレでM字開脚をして、指を入れないようにゆっくりとアソコにメンソレを塗り込みました

以前、ご主人様に言われたように全体に、クリやそのひだの間にも塗りました

もうすでにこの時点で先ほどまでの潤いとは違う感覚の愛液が溢れてくるのがわかります

そして、下着をキチンとウエストの位置に戻すと、Tバックの食い込みが今までとは違う刺激と快感を運んできました

(絶対白く汚してしまう、、、)

そんな予感に包まれながらお手洗いを出ました

 

午後になって、やっと時間が出来たので、ご主人様にメールをしました

 

「スーパーのトイレです」

 

予想通り、黒のTバックの細いクロッチ部分には白く恥ずかしいシミが出来ていました

ご主人様に見えるように膝を開いて撮影して送信しました

アソコからねっとりとした感じの愛液が白い筋を作っているのが写真には、はっきりと写っていました


「安定のびしょびしょだな」
「はい」


「クリ擦っていくのか?」
「、、、はい

してます」

 

「変態め」
「いってもいいですか?」


「いいぞ
スーパーでクリイジってオナニーでいく変態奴隷っていいな」

 

 

 

 

※写真あります

 

 

 

 

 



 

 


f:id:non46:20181117205629j:image


タイツを膝まで下ろしてM字、便器に片足を上げて、快感を貪る淫らな奴隷の様子をご主人様に見ていただきました

キラキラで見えませんが、アップにして見るとアソコから白い液体がでているのが分かりました、、、

ご主人様とリアルタイムで繋がってオナニー指示を出されると、自分でも驚くほど濡れてしまいます

 

 


「しました、、、」
「ちゃんといけたか?」


「はい
、、、たぶん」
「なんだそりゃ」


「思いっきりやるのは怖くて、、、

でもいけたと思います」
「いったならいいけど」


「どっかのおばちゃんの電話が、気になって、、、」
「イケと命令されたら必ずいくように!」


「はい」
「めっちゃでっかい声でトイレで話してる
笑」


「怖くても一番重要なのはイケと命令されてる事だから、バレてでもドア開けられてもオナニーをやめずにイクのが奴隷だろ?
命令は絶対という事を完璧に理解するまで躾しないとな」

 

 

 

 

ご主人様、怖い、、、

命令通りに出来ていない奴隷が悪いのですが、どこかのおばちゃんの電話の声が大きくて、集中出来ませんでした

それでも、キチンと命令を遂行したくて、もう一度、やり直すことにしました

 

動画をセットしてまたアソコに指先を伸ばして始めましたが、またまた邪魔が入りました

諦めて車に戻ってご主人様に動画を送信しました

動画には子連れのママさんが、その後から来たと思われる人に「はい、今いっぱいなので並んでます」と話している音声が入っていました

さすがに、そのままオナニーを続けるのは気が引けてトイレを出たのです

平日の昼間にスーパーのトイレで命令とは言え、いけないことをしている私が全面的に悪いですから、、、

申し訳ありません

 

 

「車に帰ってきました」
「車でいじりなさい」

 

今日のご主人様は怖いです、、、

なかなか許して下さいません😢

次のアポまであまり時間がないことを、伝えると
「じゃ1分触ってからね」
「はい」

 

証拠に運転席でスカートを捲って、アソコを弄るアングルから、スーパーの出入口までを動画に収めて送信しました

いつもなら入り口から遠く離れた駐車場の端っこでこっそり命令を実行するのですが、この数日の奴隷はご主人様からの命令で、ちょっとおかしくなっていたかもしれません、、、

 


「こんな近くでするの、初めてです」
「でも興奮したんだろ?」


「はい
気持ちいい」
「やっぱり変態だな」

 

 

、、、変態だな、、、

と言われてしまえば身も蓋もありません

はい、自分でもそう思いますから、、、

 

ご主人様に言われるままにこの二年間、しつけられてきましたが、まだまだダメみたいです

 

命令≧羞恥心

命令は絶対!!

 

そうなるようにならないとダメなんです

今のnonは理性が邪魔してなかなか出来ないんですよね、、、

 

まだまだ頑張ります

 

 

 

 

 

 

 

親愛なる読者様へ

今日もはてな村の片隅のこの小さなブログにお越し下さり、ありがとうございます

ここはご主人様の奴隷のnonが切り盛りしている、路地裏の小さな小料理屋さんみたいな秘密の場所です

1日のPVは500~700で、決まった常連さんがほぼ毎日きて下さるようなこじんまりとしたブログです

nonからのお願いもあってかは分かりませんが、大部分の読者様は静かに見守っていて下さっています

 

最近、はてな村以外の場所からの読者様からコメントをいただきました

おそらく検索からたどり着いて、「可哀想な奴隷女」と思い、コメントをして下さったのだと思います

 

つい先日もいただいたコメントに対してのアンサーエントリーを書きました

分かる人だけに分かるエントリーで、すみませんでした

 

non46.hatenablog.com

 

ご心配いただいている『孤独な老人』にはならないと思います

友達も家族もいますので、、、

日陰の女でもないですよ

ご主人様はどちらかというとオープンなので、ご主人様の地元にも行ったことあるし、国内にある会社にも行ったことあります

会社ではエッチまでしてしまいました、、、

「バレたら大変なことになる」と思うと、めちゃくちゃ感じてしまいましたが、、、笑

 

ご心配いただきありがとうございます

 

 

 

 

このエントリーにも書きましたが、ご主人様とnonの間では、この主従関係は二人以外に理解されなくても構わないと思っています

ですが、このブログを読んだ方が私の心配をして下さっているとしたら申し訳ないので、今日はいただいたコメントにこの場をお借りしてお返事したいと思います

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

『男の人は同じ女は飽きますよ。1日中見張ってないと何しているかわからないでしょう。もう既に奴隷も何人かいるのを知らないのは貴女だけではないのですか?

何故それを私が知っているのでしょうね?笑
彼のあの場所にある○笑』

 

 

いただいたコメントはこちらですが、まず第一前提として、nonとご主人様の主従関係において、non以外の奴隷をご主人様が飼っておられたとしても、それはnonの関知するところではありません

ご主人様を見張ったりするのは奴隷のする事ではないし、『見張る』なんて思ったこともなかったので、ちょっとびっくりでした、、、

ご主人様がどうされたいかを決めるのは、ご主人様自身です

二人の間にあるのはご主人様とnonの関係性だけです

ご主人様が何人奴隷を飼おうとご結婚されようと、nonはご主人様から「いらない」と言われるまではご主人様の奴隷なのです

この考え方、伝わりますか?

nonはまだ奴隷として未熟なので、上手く表現出来ず、読者の方に伝わらないかもしれませんね、、、すみません

 

読者様の仰っていることにも一理あって、『ご主人様に飽きられないように』毎日意識はしています

常にご主人様の『理想の変態奴隷』に近付くために努力しているつもりです

ご主人様に『飼っていて良かった』と思っていただけるように、日々成長しなければ、、、と思って生きています

 

 

『何故それを私が知っているのでしょうね?笑
彼のあの場所にある○笑』

とコメントいただいてますが、読者様は『nonのご主人様』のことをご存知ないと思いますので、何を仰りたいのかが良く分からないのが正直な感想です

理解力なくてすみません

ご主人様は一年のほとんどを日本以外の場所でお仕事されているので、このブログを読んでいる読者様の大多数の方との接点はほぼないと思われます

もしnon以外のどなたかのご主人様と同一人物と勘違いをされているのなら、それは人違いだと思いますので、、、

 

 

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

『あなたは通話もLINEしてもらえないのね、可哀想に。
私は毎日連絡くるのに、声聞いてるのにね。笑』

 

 

こちらも読者様が勘違いをされているようなので、、、

ご主人様とnonが電話をしないのはnonの都合です

婚カツの活動中からご主人様だけに対してだけではなく、全ての方に対して「電話NG」はnonからの条件でした

実際、ご主人様とやり取りをする中では時差等もあるため、メールアプリがメインというだけです

お互いに仕事が忙しいために、メールの方が気を使わなくて済むというのもあります

ご主人様とnonが使っているメールアプリはLINEよりも便利です

LINEよりもっとグローバルなチャットアプリです

それに切り替える前は一年以上LINEでしたし、現在もご主人様が、滞在する地域によってはLINEは使えない場所もあるのです

現在も時々LINEは併用しています

 

 

『私は毎日連絡くるのに、声聞いてるのにね。笑』

 

読者様はパートナー様とラブラブなんですね!

お幸せそうで何よりです

 

nonはご主人様の声を毎日聞くことは出来ませんが、ご主人様を毎日感じています

nonが「電話下さい」とお願いすれば、タイミングさえあえば、して下さると思います

先日はnonの会議中にご主人様から着信がありました

会議終わりに自席でスマホを開くと『ビデオ通話不在着信』の表示の後に即座に

『間違えた』とコメントがありました

nonは会議中だったので出られませんでしたが、もし出ていたらお話出来て、嬉しかっただろうな、、、

ま、出ませんけどね!笑

『通話』は今までご主人様から数回間違い電話が入ってきたことはあります

その度に「ごめん、間違えた」と即座に連絡がきます

ご主人様がnonに対して気を使って下さっている状況に申し訳なく思います、、、

電話はしませんが、nonが休みの日にはお仕事中に関わらず、一時間以上チャットをすることはよくあります

下らない話からオナニー指示まで内容は様々ですが、nonがグダグダな時は三時間以上もお相手して下さいます

お忙しいご主人様の時給を換算したら、、、??

(-_-;)

庶民のnonには払えない、、、笑

それでも奴隷のグダグダに三時間も辛抱強く付き合って下さってnonを満たして下さいます

これって、ブログを始めた頃からの優しい読者様に言われたことがありますが、凄くないですか?

24時間のうちの日中3時間(ご主人様は夜かもしれませんが)も奴隷の為に時間を割いて下さるなんて、大事にされてるなーと幸せな気分になりました

あ、すみません

のろけてしまいましたね、、、笑

 

 

 

長くなりましたが、、、

ダメ奴隷が書きたいことをここに吐き出してるから、読者の皆様にはご心配をお掛けしたり、不快な感情を逆撫ですることがあるかもしれません

ですが、ここに綴っていることが、ご主人様と奴隷のnonの毎日の全てではありません

 

コメントはいつでも大歓迎です

出来る限り返信したいと思っています

コメントを公開されたくない読者様は「承認しないで」と書いて下されば、公開いたしません

 

毎日上がったり、下がったりしながらの主従関係ですが、ご主人様の奴隷にしていただいたおかげで、nonの毎日は充実しています

 

どうかご心配なさらずに、、、

 

 

 

 

 

✏時差でお仕置きを受けたエントリーはコチラ

 奴隷誓約書を書いて四ヶ月くらい経った頃のエントリーです

この頃の奴隷のnonは驚くほどに、ダメダメでした、、、笑

non46.hatenablog.com

 

まだまだ修行中

ご主人様とnonの連絡手段は基本的にメールアプリのみです

電話は逢う日しか使いません

 

 

ご主人様中毒の奴隷はご主人様に一方的にメールをすることがよくあります

nonの中のストレス解消だったり、エッチな気分が高まり過ぎてご主人様に聞いてほしかったり、淫らな自分を見てほしかったりで、、、

返信やコメントは期待してないけど、ご主人様に聞いてほしいことなどをツラツラと送信するんですが、超朝型のご主人様からすると、nonが起きる時間はガッツリお仕事をされているわけです

 

 

そんなことはお構いなしに今日もいつものように朝から短文メールを連投してしまいました、、、

これらの他にもかなりの量の短文の嵐🌀

 

 

「ご主人様依存症です」
「ご主人様って本当にエッチだなーと思います」
「私をエッチにするのが上手」
「上手く操られて、エッチな奴隷に調教されていってるのが分かります」
「見られるの抵抗あったのに、今では見てほしいもん」
「ご主人様大好きです」

 

 

、、、そしてついに注意されてしまいました、、、

お仕事中のご主人様からしたら、ピコピコなって、仕事に集中出来ないそうです

 

、、、ごもっともでございます、、、

 

 

「ごめんなさい」

と誤ったものの、戸惑ってます

以前はメールが

「長い」

とよく言われていました

だから意識的に短文にしてましたが、、、

長いから短文にすれば良いっていうわけではなく、要はくだらないことでメールしないでってことなんだろうな、、、

TPOをわきまえて!ってことですよね、、、

 

確かにお仕事してる最中にこんなくだらない短文が沢山送られてきたら、邪魔ですよね、、、

はー⤵️

ご主人様のお仕事の邪魔をしてしまうなんて、最低の奴隷です

 

会社ではキチンと仕事してますし、お客様には気も遣いながら連絡は出来てると思いますが、『対ご主人様』になると、途端に理性はなくなって、本能が先行してしまいます

ご主人様が「最適」と思えるタイミングで適度な量と内容で連絡するのは難しいな、、、と感じたのです

 

それが出来るご主人様の奴隷になりたいです

 

ご主人様がnonからのメールを読んで、仕事や生活に潤いが出るような、元気になれるような、笑顔になれるようなメールが出来るようになれば、今よりもっと必要としていただけると思います

 

そうなれるように、ご主人様のことをもっと知りたいと改めて思った朝でした

 

忘れないで下さいね

ご主人様は出張中です

毎日毎日お忙しいみたいです

 

今朝もご主人様のことを考えていたら、濡れてきて、、、

結局朝から全裸になり、動画や写真を撮影しました

M字開脚でオナニーしている指先をアップで動画で撮影しました

ご主人様がほしくて、いやらしい愛液を出しながら、ピクピク動いているアソコは生き物みたいです、、、

ご主人様がほしくて、口を開けて待っています

頭の中は恥ずかしいことをしてる自覚はありますが、ご主人様に見ていただけると思うと、気分が高まってきて、幸せな気持ちになります

 

ご主人様には

「私の写真や動画見て、私のことを忘れないで下さいね」

ってメールしました

 

奴隷の身体や陰部を見て、nonのことを時々でいいから思い出して下さい

 

 

遠く離れた場所で飼われている奴隷のことを忘れないで下さいね

 

お仕置き中

※写真あります

 

 

 

 

出張中のご主人様

夕べのオナニー報告も写真も既読無視です

お忙しいから仕方ありません

 

 

※写真あります

 

 

 

 

 


f:id:non46:20181113070902j:image

 

 

 

夕べお風呂上がりに撮影して送信しました

これ以外にもたくさん、、、

それなのにスルーです、、、😢

 

 

 

お仕置きは

『1週間オナニー禁止
クリだけは触っていい

指入れ禁止』


『ちゃんと命令が聞ける奴隷だと言うとこを見せなさい』

 

これが守れたら、日曜日にはご褒美を下さるそうです

 

 

クリはいっぱい弄るように言われています

昨日は朝ベッドで、日中は車、スーパーのトイレ、夜はベッド、、、

何度もいきました

 

ご主人様の命令はいつも的確で、奴隷の身体に火をつけます

 

今日も恥ずかしいシミのついた下着写真で報告をします

 

 

何があっても強く繋がってるのが主従

ご主人様とnonはシングルですが、お互いに結婚は望んでいません

ご主人様と奴隷の繋がりは強く、結婚の概念とはまた違うのです

 

その繋がりの強さは普通の人には理解できないかもしれません

例えば、奴隷を貸し出すご主人様もいらっしゃいますが、奴隷はご主人様に従います

何があっても強く繋がってるのが主従なんです

 

 

nonとご主人様の間では、二人の関係を誰かに理解してもらおうとは思っていません

 

 

ご主人様のお言葉を借りるならば

 

「俺と君が楽しければそれで終わるお話です」

 

 

 

今朝もまた、、、

今朝もまた、、、

「しました」報告したら、すぐにオンラインでご主人様と繋がりました

そこからは動画や写真を撮りながら、ご主人様にリアルタイムでオナニー指示をしていただきました

途中からはずっとグチュグチュでいってる状態でした

最後はシミのついた下着の写真を送って、恥ずかしいけど、いやらしい奴隷の姿を見ていただきました、、、

ご主人様にいっぱいほめていただけて嬉しいです

 

 

一人でするのと、オンラインで繋がってご主人様に報告、指示されながら弄るのとでは、感じ方が全然違います

愛液の出でくる量が違います

 

ここ数日は精神的にも肉体的にも満たされています

ご主人様からの言葉一つでここまで満たされて落ち着けるなんて、本当に単純な奴隷です

 

ご主人様に所有されてるのを実感できることで満たされます

 

今日から一週間、新しい命令をいただきました

きちんと守って毎日ご主人様に報告したいと思います

「去らないと思ってるから」

11月の初めに書いていたけど、なんとなく書き上げることが出来なかったエントリーです

 

nonはご主人様に好かれているのかが分からなくて、ここしばらくずっとモヤモヤしていました

ご主人様は『奴隷のnon』のことを気に入ってるわけではなく、『都合の良い奴隷』がほしいだけなんじゃないか?と、、、

その『都合の良い奴隷』は別に『non』である必要はないのではないか?

という悲しい疑問から逃れられずにいました

 

数日前にご主人様にこの疑問を、胸の中のモヤモヤを、ぶつけました

奴隷になるきっかけになった当時(2016年8月17日)のLINEのスクショを貼り付けました

 

 

「ほんとだ、、、
私のことが好きなわけではなく、この『関係』が好きだったんだね、、、
でも、今は一番変態って言って下さったから、好かれてるんだと思えるようになりました
私はご主人様のことが好きだから、嫌いって言われるまではお側にいさせて下さい」


「当時とはまた状況が違うけどね」
「どんな風に?」


「調教がしっかり進んでる
だから去ってくと寂しいとは思わない
去らないと思ってるから」
「はい」


「調教済みだったかどうかも今更気にならないし

相当、自分色にしたし」
「はい
ご主人様に変えられました」


「嬉しい事だ」
「はい
昨日はモヤモヤしてましたが、今、なんかスッキリしました」


「そっか」
「私、何に、こだわってたんだろう?
ごめんなさい

ご主人様のこと、やっぱり大好きです」


「もやもやしても、

不安になっても、

すっきりしても、

ずっと僕の専属奴隷ですよ
それは変わらない」


「『好き』って言わないようにしようと決めてたけど、それもやめる
ご主人様は困るかもしれないけど、前みたいに大好きって言うことにする」


「そうか
もっともっと理想の奴隷に変えられてってください」


「はい

前に『大好き』に対してどんな反応したらいいか困るって言われたから、もう『大好き』を伝えるのは止めようと決めていたけど、それをやめます
ご主人様のこと大好きです

愛してます
たまにしか一緒にいられないけど、一緒にいる時は超幸せです
これからも宜しくお願い致します
ご主人様の理想の奴隷にもっともっと私を変えて下さい」

 

 

読み返してみると、ラブラブなご主人様と奴隷です

それなのになぜか当時は不安で不安でしょうがなくて、本当にグダグダでした

ダメ奴隷でした

ご主人様はずっと変わらず

「命令を聞いていれば急に解雇したりしない」

「照れ屋だから『好き』は言わない」

と言い続けて下さっています

それなのに、自信がなくてご主人様から「好き」を聞き出したくて、nonは小賢しいことばかりしていました

 

ご主人様は、そんな奴隷を

「もやもやしても、不安になっても、すっきりしても、

ずっと僕の専属奴隷ですよ
それは変わらない」

と言って下さいました

(何度同じ事を言えばいいのか?)って、思ってるだろうな、、、💦

ご主人様に申し訳ないです、、、

ご主人様の中では主従関係におけるnonへの考え方がはっきりしてるから、nonがグダグダになっても動じないんでしょうね、、、

nonが何を言おうが、何をしようが、自分がnonの『唯一のご主人様』という自信があるのだと思います

ご主人様の奴隷になってもう2年が過ぎました

相変わらずまだ出来ていない宿題がいくつか残っていますが、最初は出来なかった命令も今では出来るようになりました

最初は抵抗があり出来なかった命令も、今では大好きな命令になり、身体が震えるくらい感じてしまいます

ご主人様が仰っているように調教が進んでいるのだと思います

徐々に徐々にご主人様の理想の変態奴隷に成長させられてるみたいです、、、笑

 

今回、ご主人様から

「去らないと思ってるから」

と言っていただけたことは、奴隷としての自分の自信に繋がりました

こんなダメ奴隷でもご主人様に安心感を与えることが出来ているのかな?と、、、

ご主人様を『精神的に癒す』ことが出来ているのかな?と、、、

それであれば、nonがご主人様の奴隷でいる意味があります

ご主人様が求めている『絶対に裏切らない奴隷』とご主人様に認めていただけているのかな?と、、、

ご主人様の中ではずっと前からそう認めて下さっているのに、nonが奴隷として未熟なために時々不毛なやり取りをすることになります←過去記事を読み返していて、それに気づいた、、、

ご主人様には嬉しい言葉を何度もいただいているのに、何故か時々、自信喪失して疑心暗鬼になり、ご主人様に言いがかりをつけてしまいます、、、本当にこんな自分がイヤ

どうしたらもっと良い奴隷になれるのかな、、、

 

 

それにしても『専属奴隷』って嬉しい響きです

nonはご主人様の『専属』なんです!

ご主人様の疲れた身体をご奉仕で癒せるのは『専属奴隷』のnonだけです

逆に『専属奴隷』の身体を自由に使えるのはご主人様だけです

『専属奴隷』の全ての穴を犯すことが出来るのはご主人様だけです

 

ご主人様に『専属奴隷』の身体を堪能して満足していただく為には何が出来るかを考えていきたいと思います

 

お仕事大好きご主人様

土曜日の早朝5時過ぎからご主人様の動画を見ながらオナニーしてしまった奴隷のnonです

 

 

今、ご主人様はお忙しいみたいです

スケジュールをお聞きしてびっくりしました

でも不動産業界って楽しそうです、、、

 

激務なのに、早朝(4時52分)から奴隷にメールをして下さるご主人様

ご主人様は超朝型なので、多分、もっと早くから活動されているんだと思います

でも、メールをすると奴隷のnonが反応して目を覚ますのが分かっているから、遠慮して、気を使ってメールを入れて下さっているのです

優しいお方なんです

 

今朝、ご主人様からスケジュールを聞いて、改めて「こんな奴隷じゃダメだ」と思いました

ご主人様の奴隷として、もっとご主人様のお役に立てる奴隷にならなければ、、、と改めて思いました

 

ご主人様がお仕事の合間に携帯を開いた時に癒されるような存在になりたいです

ご主人様が奴隷のnonを思い出した時に「飼ってて良かった」って思っていただけるような存在になりたいです

 

今のnonは時々拗ねて、ご主人様に機嫌を取ってもらうことで、ご主人様の愛情を確かめているわがままなダメ奴隷です

もっと奴隷として精神的に成長したいです

 

この数日の自分を振り返って恥ずかしくなりました

ご主人様とのメールを読み返してみると、無意識にですが、、、

ご主人様の気を引きたくて、ご主人様の愛情を確かめたくて、ほんっとーにウザいくらいにグダグダでした

反省しています

 

ご主人様は本当にお忙しいのに、こんなグタグダな奴隷のお世話を根気よくして下さってます

棄てられていないのが不思議です

 

ご主人様のお仕事のお邪魔をしないように、変態奴隷はご主人様にお仕えします