金魚みたいに・・・

ご主人様と主従関係になって2年目の未熟な奴隷です。ご主人様との忘れたくない事を書いています。

ご褒美を下さい

本当に疲れきっていました

昨日は仕事ではない部分で体力消耗してしまってました💦💦

ご主人様の命令でオナニーしてしまったからなんですけどね、、、

 

2日くらいオナニー禁止令が出ていたので、行き場のない衝動を自分の身体にぶつけることが許された嬉しさで、昨日はいつも以上に感じてしまいました

メンソレータムの魔力も加わり、感度は累積され、今までにないくらい奴隷のアソコは敏感に指先に反応しました

止まることなく溢れる愛液はご主人様に包み隠さず写真で報告しました

報告する度に呆れたように

「変態だなw」

とご主人様からはコメントをいただきました

やっと1日が終わり、クタクタでベッドに入って、ご主人様にメールをしました

 

 

「今日はいっぱい奴隷をいかせて下さり、ありがとうございました

すごく気持ち良かったです

早く、奴隷のイヤらしい穴を使って下さい

奴隷のイヤらしい穴は、ご主人様に犯されるのを濡らしながら」

 

 

眠い目をこすりながら、やっと文字を打っていて、、、

操作ミスして、途中で送信してしまいました💦💦

 

 

「あ、、、💦💦」

「眠たくて打てない💦💦

 

待っています

 

おやすみなさい」

 

 

朝になって携帯を開くと、ご主人様は既読無視です

昨日の濃密なやり取りが嘘みたいです、、、笑

 

 

 

今日はお昼前にnonからメールをしました

 

 

「お仕事してますか?

朝、時間なくて、報告遅くなりました、、、

朝、しました

ちゃんとイキました

今日はTバックで仕事してます( 〃▽〃)

昨日からのエッチな気分が抜けません、、、

困っています、、、

 

濡れてるアソコ見ていただきたいです、、、

途中で撮れたら送ります

お忙しいと思いますが、見てください」

 

 

今日も無視かな~と思いながら、仕事に戻りました

3時前に遅いお昼を食べながら、携帯を開くと返信をいただいていました

 

「朝からイってるんか、、、

変態w」

 

ご主人様に「変態」って呼ばれると、嬉しくなります、、、笑

ご主人様の理想は「変態奴隷」ですから

 

 

「さっき、トイレ入ったんですが、小さな子供さんにノックされまくりで、諦めました、、、

チャンスあれば、撮ります

濡れてるか、見てほしい、、、です、、、

 

濡れてますけど、、、笑」

「ずーっと濡れてるんだな」

「はい」

 

 

ご主人様も休憩中だったのか、少しだけメールが出来ました

 

 

夕方、事務所に戻り、自席で携帯を開くとご主人様からメールが、、、

 

「早く俺の性処理玩具で遊びたいわ

四つん這いで目の前に両方の穴よく見えるようにさせて、ディルドとかバイブとかを突っ込んだり出し入れして遊びたいなw」

 

 

思わず周囲をキョロキョロしてしまいました

真面目な私の携帯の中に踊る文字達を社内の誰かに見られたら、、、

私が奴隷ということを知られたら、、、

😱😱😱

考えただけでドキドキしてしまいます

でも、ご主人様のメールは奴隷のアソコをキュンとさせました

 

ご主人様の目の前で四つん這いにさせられて、バックから苛められている自分の姿を想像すると、それだけで濡れてきます

恥ずかしさで身体が熱くなるのを感じながら、ご主人様からの責めに耐える時間は奴隷のnonにはご褒美です

お逢いできる日まで、命令に従い、ご主人様の理想に近づくようにnonは離れていても調教されます

 

今夜もご主人様は飲み会です

 

寂しい奴隷はご主人様からのメールを読み返してアソコを濡らして静かに待ちます

 

早くご褒美を下さい

イキました

ご主人様の命令は

 

メンソレータムを塗って出勤

今日はトイレの後、5回イク事

 

 

 

メンソレータムを塗って出勤しました

5回イキました

 

 

読者様からのご質問にお答えします、、、

 

 

午前中に会社で1回目

(自社フロアでなはく、テナントさんのフロアのトイレをお借りしました)

 

社外に出て、ディスカウントストアのトイレで2回目

 

午後になって、スーパーの駐車場で3回目

 

そのまま続けて4回目

 

5回目は、その駐車場でご主人様とメールをしながら、命令されてイキました

 

 

 

メールを終えて、お客様にクロージングの電話を1件して、疲れて、そのまま寝てしまいました、、、

ご主人様と繋がってからは駐車場ということも忘れて、のけぞって感じてしまいました

 

外でしてしまって、疲れて居眠りするなんて、自分でもびっくりです、、、💦💦

ご主人様の奴隷は、ご主人様に言われるままに、今まで知らなかった世界の扉を開いてしまいました、、、

どこまでいってしまうんでしょう、、、

周囲に分からないように、ブランケットを掛けているので、車内の様子は見えないはずですが、、、

自分が怖いです、、、

 

 

疲労感ハンパないですが、お仕事スイッチオンします

 

 

「今日はトイレの後、5回イク事」

ご主人様から命令をいただきました

 

メンソレータムを塗って出勤

今日中に5回イクこと

 

 

嬉しくて、奴隷のアソコは濡れています、、、😳

眠いです

書きたいことはいっぱいあるけど、今日は眠すぎて、文字が打てません

 

 

 

 

おやすみなさい

「Mな旦那」と「一番の奴隷」の話の後の話

✏この続きです

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

「よく考えたら、ご主人様以外の人と何らかの形で付き合うってことは、ご主人様の話はこれから誰にも出来ないってことになりますか、、、?

それはイヤだな、、、と思ったり、、、笑」

「そもそも誰にも話してないでしょ?」

 

「仲の良い子には話しました

『彼氏できたよ』って話したのに『誰か紹介して』って言えない、、、」

 

「まあ、そりゃそうか」

「『別れたから紹介して』?」

 

「でも付き合うにしても、君にべた惚れの相手に『付き合ってやる』程度の温度差がいいと思うけどね

彼氏というより親友って感じ?」

「自然に出会う人間関係でアプローチを受けるようなことがあれば、考えます」

 

「まあ別に頑張って作る必要はないけどね」

「はい」

 

「今の奴隷生活だけで満足してるなら」

「はい

しています

でも、寂しくなる時もあります」

 

「旦那や彼氏ができても友情だけで、愛情は全部持ってっちゃうからなぁ〜」

「愛情はご主人様でしょう?」

 

「そりゃそうでしょ

愛情なければ奴隷になれんでしょw」

「はい」

 

「愛情あるからどんな命令も聞けるしすぐ濡らすんだろ?」

「はい」

 

「これで愛情なかったら、とんでもない変態だわ笑笑」

「笑

そこまで変わり者ではないつもり、、、笑」

 

「そう願います」

「はい、大丈夫です

私はご主人様が大好きです」

 

「初めて主従を知った時、ピュアな世界って言ってたでしょ?」

「はい」

 

「ちょっと歪(いびつ)な愛情表現の世界なのよ」

「はい」

 

「ある意味、共依存だと思うし」

「はい」

 

「なのでどっぷり浸かっていいですよw」

「はい」

 

「奴隷の最終は、ご主人様いなかったら死ぬってレベルだと思うし」

「私でいいとご主人様に想っていただいている間は、一生懸命に尽くします」

 

「ふむふむ」

 

「これからも、ご主人様の奴隷でいさせて下さい」

「なんか与えられたら与えるって感じだな、、、

まあ、でも、そりゃそうか」

 

 

この、ご主人様の言葉がnonの胸に刺さりました

ご主人様には、そんな風に写っているのかな?と、、、

ご主人様に何かを与えられているから、nonが奴隷でいると、ご主人様は思っているのかな?と、、、

違うのに、、、と思いました

私は二人の間の決定権者はご主人様だから、nonがこうして飼っていただいているのは、ご主人様が奴隷でいることを許して下さっているからです、、、

と言いたかったのに、、、

私がどんなに『奴隷でいたい!』と願っても、ご主人様に『いらない』と言われたら奴隷は解雇されるのです、、、

たから、ご主人様が許して下さっている間は奴隷でいられるので、その間は一生懸命お仕えします、、、と言いたかったのに、、、

なんか、ご主人様は違う風に捉えてると感じました

 

 

「決めるのはご主人様ですよね?」

「なにを?」

 

「私が奴隷でいられるかどうか」

「まあね」

 

「私は解雇されないように頑張ります」

「そうね」

 

 

 

なんか、チグハグな感じがしましたが、この時はこれでメールは途絶えました

 

その夜、ベッドに入ってもなかなか眠ることが出来ませんでした

このままではイヤだと思い、ご主人様にメールをしました

真夜中でしたが、ご主人様に話しかけてみました

 

 

 

「なんかモヤモヤする、、、

私は今まで『好き』とか『逢いたい』はあまり言ってはいけないと思っていましたが、言ってもいいんでしょうか?

私はご主人様を想って涙が流れる時もあります

でも、そんなことを言うと重くて嫌われてしまうと思っていました

この想いって、ぶつけてもいいんですか?」

 

 

ご主人様はオンラインになりませんでした

 

 

「寝てますか?

遅い時間にごめんなさい

おやすみなさい」

 

 

諦めてバイブにセットして眠りにつきました、、、

 

その40分後にご主人様から返信をいただいていました

 

 

「重くて嫌うことはないけど

別にぶつけなくてもいいと思います

 

おやすみなさい」

 

 

 

翌朝、目が覚めて、この返信を見て、nonはすごく困惑しました

 

「俺のことを想ってもいいけど、その想いは表に出すな」

と言われているような気がしました、、、

「俺のことを、どれだけに好きになろうと俺には関係ない」

と言われているような気がしました、、、

 

ご主人様の仰りたい意味が分からず、既読は入れましたが、何という言葉をお返ししたら良いか分かりませんでした

迷った挙げ句、nonからは返信をすることなく、ご主人様のメールに対して、既読無視をした形で、nonは会社に出掛けて仕事に没頭することにしました

 

 

「Mな旦那」と「一番の奴隷」②

✏この時の続きです

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

 

「Mな旦那を探せ」と言われてしまい、とてもヘコみました

「ご主人様にさよならを言われる、、、」

と本気で心配になりました、、、😢

でもご主人様からいただいたメールには予想もしていない言葉が並んでいました

 

 

 

「大丈夫

すでに今までで一番の奴隷ですから

まだ完璧じゃないけどw

まあ、だから、この関係は心地よいわけです

だけど結婚って考えるとこの世界観は維持できない

でも君には普通の幸せな家庭もあったらいいんじゃないかなという優しさです

でも相手がSだと気持ちが揺らぐといけないのでMな旦那ならいいかなと思ってるわけです

ほら結婚と恋愛はちがうっていうじゃない?

主従だけど笑

 

なのでしっかり理想の奴隷に成長していってください」

 

「言い忘れてた

もちろんちゃんと命令を守れてる限りだけどね」

 

 

何度も読み返してしまいました

 

「一番の奴隷」

 

(なんて、嬉しい呼ばれ方、、、

すでに、、、?

いつから一番になれていたんだろう、、、?

ご主人様、ほんとに?)

いろいろ頭の中はグルグルしていましたが、返信を、、、

 

 

「今までで一番の奴隷?

ほんとに?

嬉しいです!

はい、キチンと命令を守って、ご主人様の奴隷でいられるようにします」

 

 

 

「今までで一番の奴隷」

とnonのことを言って下さいました

ご主人様とnonの考えが一致している部分の一つに

「結婚と主従関係は別」

があります

ご主人様が仰るように、結婚生活の中にDSを挟むとお金の面や仕事のストレス、家事の分担、お互いの家族のこと、住む場所、、、様々な現実が邪魔をして、純粋にお互いを「ご主人様」「奴隷」と見ることは難しくなると思います

私達はお互いにリアルな「生活」とは切り離した現実味のない場所で主従関係を維持しています

出会いのきっかけは、お互いにそれを含めた相手探しでしたが、お互いにそれを求める相手ではないと感じました

それはお互いの合意の結果です

だからお互いに必要以上にプライベートに立ち入ることはしません

でもお互いの家庭の事情や仕事も知っています

知っている上で尊重しあっています

リアルの生活を最優先にしながら、逢う時間を作り、二人だけの主従関係の世界を作っています

ですが、奴隷の気持ちの最優先はご主人様です

ご主人様の命令を最優先してnonは動くように努めています

 

 

ご主人様に

「でも君には普通の幸せな家庭もあったらいいんじゃないかなという優しさです

でも相手がSだと気持ちが揺らぐといけないのでMな旦那ならいいかなと思ってるわけです」

と言われたことは、嬉しくもあり、悲しくもあり、複雑な心境になりました

ご主人様に仕えながらの「幸せな家庭」をnonは持てるのでしょうか、、、

 

 

午後になって、またメールをしてみました

ご主人様からの返信は期待していませんでしたが、返信いただきました

 

 

「そうですね

ご主人様ありきで、自分の生活を組み立てていけるようにしないといけませんね

配分が難しい、、、

そんなに難しく考えなくてもいいのかもしれませんが、、、

不器用なので、、、笑」

「配分はもちろん100%ご主人様でしょw」

「はい

そうですね✨」

 

 

ご主人様にとって、100%ご主人様は当たり前なのです

こんな基本的な当たり前を悩んでいるnonはまだまだ未熟な奴隷ということです

 

未熟な奴隷のnonですが、ご主人様にとっての「一番の奴隷」の地位をキープし続けられるように、日々成長していきたいです

 

 

✏ご主人様との出逢いの頃

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

non46.hatenablog.com

 

かんどー様😆ありがとうございました~💖

予定のない今日は、ゆっくりした日曜日の朝です

なんとなくダラダラとベッドでブログ巡りをしていると、愛読してるブロガー様からプレゼントをいただきました💖

 

 

 

ジャーン❗

 

またまた妄想イラストをいただきました~🎶

 

ジャジャーン❗

 

 

f:id:non46:20180114115448j:image
作画      かんどー様

 

(id:keisolutions)『かんどー』様、ギター弾いたりして、最近は『さおりたん』かな、、、笑

 

かんどー様の説明は不要かもしれませんが、、、

「顔出しでそこまで書く⁉」

と勇気500%のはてな村ジャンヌダルクです💖

かんどー様は女性ブロガー様の中で初めて

「コンタクトを取りたい!」

と思ったステキな女性です

毎日上がったり下がったりしながら、ご自分の内面をあけすけに吐き出しておられます

いつものように、ブログの貼り方が分からないので、、、💦💦

すみません💦💦

 

 

 

かんどー様

イラスト、ありがとうございます🙇

だらけた日曜日の朝に目が覚めました💦💦

以前、バリピル様がイラストを描いて下さった時に、かんどー様からも

「描いたよ」

的な前振りはいただいていましたが、、、

「今日キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)」

って感じでした❗

ほんと、目が覚めました❗笑

かんどー様の妄想イラストに感動致しました!笑

かんどー様は、こんなにポワワンとした変態奴隷をイメージして下さってるんだな~と感無量になりました、、、笑

 

もちろん今回もかんどー様の完全なる妄想イラストですが、、、笑

ありがとうございます🙇

嬉しかったです💖

 

 

これからも未熟な奴隷を見守って下さい🙇

 

膣トレ

段々寒さが厳しくなってきたある日のやり取りです

 

 

「ところで、これからおしっこは途中で止めてから出す事」

「、、、はい

わかりました!

膣トレ?ですか?」

 

「そう

すごい人はバナナ入れてキレるらしいw

まあそこまでとは言わないけど

性処理道具として締め付けたりできた方が気持ちよくできるのかなとおもいまして」

「え?

私、ゆるい?

ですか?💦💦

正直に教えて下さい🙇」

 

「いや別にそんなことは感じないけど

技として

やってる時にぎゅーっと締め付けたりできるようになるわけよ

緩急ね」

「はい、頑張ります」

 

 

時々忘れてしまいますが、、、笑

キチンとやってます!

 

ご主人様が次にnonの中に入ってきて下さった時には練習の成果を感じていただきたいです

早くその日がきますように、、、

スルーされる「大好き」

奴隷なので、自分の気持ちを押しつけてはいけないと思っています

でもご主人様とメールをしていると

「大好き」

「愛してる」

が溢れてくる時があります

そんな時、「愛してます」は重いかと思い(だじゃれじゃないです、、、笑)

「大好きです」

と打ち込みます

 

でも、ご主人様は

「大好きです」

にはスルーです

今日も

「大好きです」

と打ち込むと、返信は

「おやすみ~」

でした

 

一度だけ

「好きだよ」

と酔っている時に返して下さいました

 

他は全くの既読無視です

 

その度に悲しくなり、もう書くのはやめよう、、、と思いながらも、また自分の気持ちを抑えられずに「d」「a」を入力してしまいます

nonがほしい言葉を返して下さいますように、、、と願いながら、送信ボタンを押すのです

そして毎回、勝手に傷付いてしまいます、、、

「奴隷は望んではいけない立場」

ということを毎回思い知らされます、、、

 

nonの気持ちの表れをまるで見えてないかのように振る舞うご主人様

これ以上、ご主人様を好きになりたくないと思いながらも、昨日よりご主人様を好きになり続けている奴隷です

 

この気持ちを持っていく先がほしい

ご主人様との隙間を埋めてくれる異性に巡り逢うことを私は望んでいるのかな、、、

 

 

 ✏このテーマは奴隷の永遠の悩みなのかもしれません

non46.hatenablog.com

 

彼女と奴隷

✏今日の記事は自分の考えをまとめたくて書いています

読者の方は意味が分からないかもしれません、、、😢

申し訳ありません

 

 

 

 

non46.hatenablog.com

 

 

 

彼女と奴隷

 

 

以前、ご主人様にこうと言われたことがあります 

 

「僕にとっては『奴隷は彼女より上』なんですけどね〜」

「表現が難しいが、、、

人間以下的な扱いってとこは最下層なんだけど、、、

必要という部分では最重要という」

 

 

この言葉をいただいた時は、嬉しくてたまりませんでした

たぶん、これらの言葉は、ご主人様の本心だと思います

でも、それは彼女がいない今だから(もしかしたら今も彼女はいるのかもしれませんが、、、)nonを最重要と考えることが出来るのではないでしょうか?

彼女は遠距離ではなく、結婚を考えるとしたら、ご主人様がいつでも会える距離の女性です

少なくとも、今のご主人様とnonの距離よりは近い距離

 

性癖も関係なくご主人様が

「好きになった女性」

「彼女」

になれます

 

その女性はnonではありません

そんな女性がご主人様の目の前に現れた時、ご主人様は奴隷のnonをご主人様の最重要と言って下さいますか?

ご主人様に彼女が出来ても、ご主人様を信じ抜く強い気持ちを、nonはこの先もずっと持たなければなりません

どんな仕打ちを受けてもご主人様を一番に考えることが出来る奴隷がご主人様の理想です

未熟なnonに、今、そこまでの覚悟があるのか、、、

 

 

徐々に理想の奴隷になればいい、

少しずつ成長すればいい、

といつも仰るご主人様から、今日、nonは一歩進むのか?の決断を迫られました

うーん、迫られたは、少し違うかな、、、

ご主人様はどうする?

と聞いてこられています

先に進むも進まないもnonの自由だから、待つよ、、、というスタンスです

 

 

正直、主従関係の奥深さにとてもとても緊張しています

軽い気持ちで踏み出す場所ではない、、、

と感じています

もしご主人様に彼女やnon以外の奴隷が出来た時に自分が平常心でいられるか、

今のnonにはわかりません

ご主人様からの愛情が自分に向いていないと感じた時に、nonは今までと同じようにご主人様を全力で想い続けることが出来るでしょうか、、、

ご主人様の奴隷でいることに迷いはないのですが、non以外の誰かがご主人様の心に住み着いていると「知ってしまった時」に、nonはその寂しさに耐えられるのでしょうか、、、

 

ご主人様からの投げ掛けにすごく動揺しています

でも、ご主人様には言えません

今のnonの気持ちをご主人様が知ってしまったとしたら、nonにガッカリすると思います

ガッカリされたくありません

でも、どこにも吐き出さずに自分の中だけで考えるには大きすぎる問い掛けです

動揺していて、不安に押し潰されそうです

誰にも相談出来ません

するつもりもありません

でも自分の中から出したくて書いています

 

迷いのある奴隷なんて、ご主人様は不要かもしれません、、、

 

 

今日の件はご主人様に簡単に返信をすることではないと感じています

よく考えて返事をしないと、、、